Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

ちぃば
ちぃばの記事一覧
あんみつ

今日の○○記念日 ~2月16日から2月28日~

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していることに、お気づきでしょうか。 そんな記念日のなかから、食に関する記念日をご紹介していきます。 2月16日:寒天の日 「寒天の里」とも呼ばれ、全国一のシェアを誇る長野県茅野市で「角寒天」の天然製造が始まったのは、今から170年ほど前のことです。 天然製造の...
今日の○○記念日 ~バレンタインデー~

今日の○○記念日 ~バレンタインデー~

明日は2月14日、バレンタインデーですね。 お正月ムードが一転、至る所でバレンタイン特設売り場が設けられ、今年もデパートやパティスリーでは、趣向を凝らした斬新なチョコレートが並び、街はチョコレートとチョコ選びする人であふれています。 「愛を告白する」本命チョコだけでなく、義理チョコ・友チョコ・感謝を込めて渡すチョコ・自...
クレープ

今日の○○記念日 ~2月1日から2月15日~

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していることに、お気づきでしょうか。 そんな記念日のなかから、食に関する記念日をご紹介していきます。 2月2日:フレンチ・クレープの日 フランス生まれの調理器具ブランド「ティファール」で知られるグループセブジャパン(アンドリュー・ブバラ社長)により生まれた記念日...
梅

2月行事食 

今年は4年ぶりに東京都心でも雪が積もり、冬の厳しい寒さが続いていますが、暦の上では2月4日に春の訪れとなる「立春」を迎えます。
おにぎり

今日の○○記念日 ~1月16日から1月31日~

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していること、お気づきでしょうか。 そんな記念日のなかから、食に関する記念日をご紹介していきます。 1月17日は『 おむすびの日』 語呂でも旬でもないこの日がなぜ『 おむすびの日』なのでしょうか。 その由来は、平成7年(1995年)に発生した阪神・淡路大震災にあ...
絵馬

今日の○○記念日 ~1月1日から1月15日~

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していること、お気づきでしょうか。 たくさんの記念日のなかから、食に関する記念日をご紹介していきます。 1月10日は『糸引き納豆の日』 2011年(平成23年)に全国納豆協同組合連合会(東京都台東区、笹沼隆史会長)が制定した記念日です。 納豆のピーアールと、この...
春の七草

1月行事食 ~春の七草~

人日の節句 お正月の最後の日(1月7日)は、人日(じんじつ)の節句です。 この日の朝、7種の野草(春の七草)もしくは野菜が入った粥「七草粥」を食べる風習が残る地域は、多いのではないでしょうか? 七とこずし(宮崎県) 都城地方で1月7日は、「ななとこさん」の日です。 「ななとこさん」は子供の無事と成長を願う行事で、数え年...
お雑煮

1月行事食 ~お正月~

2018年も引き続き、古くから全国各地で愛されてきた「行事食」の魅力を、発信していきたいと思います。 1月の行事食 年初めの1月は行事もたくさんあり、行事食も盛大です。 なかでも「おせち料理」と並び元旦から食される「お雑煮」は、地域や家庭によって全く異なる姿を見せてくれる一品です。 「お雑煮」とは、元日になると神様がや...
ゆず

12月の行事食

冬至 2017年の冬至は、明日22日です。 冬至とは、太陽の位置が1番低く、一年で最も昼が短く夜が長い日。一年の中で最も日照時間が短い日になります。 冬至というと「かぼちゃ」「柚子湯」を連想される方が多くと思いまが、その由来をご存知でしょうか。 昔「かぼちゃ」は、保存することができる貴重な食べ物であり、運の「ん」が付く...
七五三

11月の行事食

11月7日に冬の訪れとなる「立冬」を迎え、暦の上でも冬本番となりました。 冷たくやや強い風「木枯らし」が吹き、朝夕冷えこむなど、冬の気配が見え隠れするこのごろですね。そんな冬を迎える11月の行事食をご紹介します。 11月7日:立冬 この気温変化についていけず、体調不良に陥ってしまう方もいらっしゃるかと思います。 ですが...
祭

10月の行事食

秋本番の10月は全国各地で五穀豊穣を祝うお祭りが行われます。 今月はそれらの中から、お祭りを盛り上げる行事食をご紹介します。 東京都:べったら漬け 「べったら市」 東京日本橋にある「宝田神社」では、例祭としてと呼ばれる祭事が毎年10月に行われています。 「べったら市」は1年の無事を感謝し、商売繁盛や五穀豊穣を祈願する祭...
9月の行事食

9月の行事食

9月に入りぐっと涼しくなった東京ですが、また残暑がもどってきたり・・・と、ゆっくり秋に向かっているようです。 9月といえば “お彼岸=おはぎ” というイメージが定着していますが、秋らしい食材を楽しむ行事食をご紹介します。 9月9日は 「重陽の節句」 五節句のなかでも一番大きな陽数(9)が重なるこの日を、陽が重なると書い...
なすとスイカ

8月の行事食

暑さ本番の夏となる8月。 8月1日は「八朔の祝い」が行われ、収穫期前の最後のお祭りでお粥を食べる風習があったそうです。 宮中では古くから、疫病除けに効果があると信じられていた「尾花粥(すすきの穂を黒焼きにして、お粥に混ぜたもの)」が食べられていました。 この習慣は江戸時代民間にも広がり、「黒ごま粥」に変わっていきました...
全国各地のお盆と食

全国各地のお盆と食

お盆とは、正式には盂蘭盆といい、 陰暦7月15日、現在では8月15日を中心に先祖の霊を祭る行事です。 お盆には、精進料理と野菜や果物・菓子を盆にのせ仏前に供えするのが一般的に知られていますが、 地域によって特色ある行事食が食されているようです。 福島(いわき):うどん 福島(いわき)地方ではお盆にはうどんを食べるようで...
ごはんにのったうなぎ

土用の丑の日

夏と言えばうなぎ! 全国共通で、夏といえば『土用の丑の日』というイメージが強いと思いますが、 『土用丑の日』とはそもそも何なのか・・・ なぜ『土用丑の日』にうなぎを食べる習慣ができたのでしょうか。 その由来については諸説あるりますが、「平賀源内による発案」が一番有名のようです。 本来うなぎの旬は冬のため、夏にはウナギが...
Return Top