Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

今日の食記念日
3月1日は「デコポンの日」

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していることに、お気づきでしょうか。
そんな記念日のなかから、食に関する本日の記念日をご紹介します。

3月1日は「デコポン」の日

デコポン
果皮はやや粗く厚みもありますが剥きやすく、果肉は橙色で柔らかくみずみずしいのが特徴。

今日から3月ですね!
3/1は、「デコポン」の日です。

頭部がこぶのように出ているデコポン。
平成3年3月1日に熊本県から初めて市場に出荷され、その初出荷から15周年を迎える平成18年に生まれた記念日です。

デコポンの誕生

近年は柑橘類といっても新品種もたくさん。
それぞれの特性はなんとなくわかるものの、はっきりは分からないものですよね。

デコポンは、1972年に清見と中野3号ポンカンの交配種として誕生したタンゴール。
生産を始めた地域にちなんで「不知火(しらぬひ)」と呼ばれ、その中でも糖度13度以上であることなど一定の基準を満たした物だけが「デコポン」を名乗ることができます。
全国的にこういった基準を設けている果物は他にはなく、デコポンは「全国統一糖酸品質基準」を持つ日本で唯一の果物。
「はずれが」にあたりガッカリすることがないのです!

日本生まれのデコポンですが、アメリカでも「スモー(SUMO)」という名前で栽培され販売されてるそうです。

デコポンの旬

デコポン
ちょうど美味しい時期を見極め、酸味が抜けるまで待って収穫!

熊本県、愛媛県、和歌山県、広島県、佐賀県の5県で全国の生産量の8割を占め、12月頃から出荷が始まります。
ハウス栽培のものからから出回り始め、露地物は2月頃から。
5月いっぱいお店でみかけることもありますが、それらは収穫後貯蔵した物。
デコポンの最も美味しい食べ頃「旬」は自然環境の路地栽培で採れる3月から4月頃となります。

野菜や果物は収穫したてのものが新鮮でおいしいと思われていますが、柑橘系の果物は収穫してから1か月ほど経過してからが食べごろになるそうですよ!

熊本では3月1日が初出荷の日とされています。
日本では唯一の果物の登録商標をもつ「デコポン」。記念日の今日はいつも以上によく味わって食したいですね!

Return Top