Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

今日の食記念日
3月13日は「サンドイッチデー」

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していることに、お気づきでしょうか。
そんな記念日のなかから、食に関する本日の記念日をご紹介します。

3月13日は「サンドイッチデー」

サンドイッチ
サンドイッチの定番「ハムきゅうり」と「たまごサンド」は忙しい朝の味方!

本日、3月13日はサンドイッチデー。
数字の「1」が「3」で挟まれている(サンド「1」=サンドイッチ)ことが由来です。

この記念日とは別に、「サンドウィッチの日」であることはご存知ですか?
サンドウィッチの生みの親とされるイギリスのジョン・M・サンドウィッチ伯爵の誕生日であり、「いい(11)サン(3)ドの日」で語呂も良いことから、11月3日が「サンドウィッチの日」と制定されました。

最近では、「サンド(砂)とウィッチ(魔女)」以外は何でもはさんで食べれる万能メニューという説が有力など、その由来は諸説あるようです。

サンドイッチの誕生秘話

今から200年ほど前のイギリスの海軍大将ジョン・M・サンドウィッチ伯爵は、ご飯の時間も忘れて遊びに夢中になるほどトランプで遊ぶのが大好きでした。
楽しい遊びを途中でやめたくないけれど、でもお腹はすくなあ…
そこで思いついたのが、ゲームをしながら片手でもご飯が食べられるような、パンの間におかずを挟んだもの。
主食とおかずが一度に食べられる、そう!そうして生まれたのが「サンドイッチ!」だったのです。

日本初のサンドイッチとは・・・

1892年(明治25年)に、東海道線の大船駅で、駅弁として日本で初めてサンドイッチが売られたことがはじまりだそうです。
この時挟んでいた具は、ハムと卵。この頃から徐々に国内で広まっていったのです。

その昔、イギリス伝統的なサンドイッチといえば、キューカンバー(きゅうり)のサンドイッチだったそう。
きゅうりはとても高価な野菜で、イギリスの高級貴族たちが食べていたもので、透けるほど薄くスライスしてあったみようですよ。

具だくさんの色鮮やかサンドはインスタ映え間違いなし!!

日本にすっかり定着したサンドイッチは、具材もお惣菜系からデザート系までさまざま。ホットサンドやバケットサンド、ピタパンに挟んだりと思考を凝らしたサンドも豊富。
手作りもいいけれど、買いに行きたくなるプロのサンドイッチもたくさんですね。

春は出会いとお別れのシーズン。パーティーにも欠かせないサンドイッチ。
だんだん陽気もよくなってくる時季なので、サンドイッチをピクニックやお花見などお出かけのお供にも♪

今日はサンドイッチデー。春らしい穏やかなお天気なので、外でサンドイッチランチもよいかもしれませんね!

Return Top