Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

今日の○○記念日 8月前半

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していることに、お気づきでしょうか。 そんな記念日のなかから、食に関する記念日をご紹介していきます。

4日:箸の日

毎日の食事のときに欠かせない箸への感謝を表すことが目的で生まれた記念日。8と4で「ハシ=箸」と読む語呂合わせから。
藤本商會本店が制定し、同社は愛知県豊橋市の龍拈寺に「箸塚」の石碑を建立し、30年以上にわたり使い古された箸を供養する「箸供養」を行っています。

5日: 発酵の日

味噌汁発酵食品は「日本の風土や生活環境を活かし、健康にもいい。先人達の知恵が詰まった発酵食は、未来に伝えていきたい、日本の誇るべき食文化です。」と提唱する、日本を代表する味噌を主体とする食品メーカー、マルコメ株式会社が制定。日本の古くからの食文化である味噌、醤油などの発酵させた食品の良さをさらに広めるのが目的で制定されました。日付は8と5で「発酵」と読む語呂合わせから。
※8日の「発酵食品の日」は、万田発酵株式会社が制定。

7日:バナナの日

バナナジュースバナナには、特に旬がなく1年中いつでも食べることができます。8月は夏バテで体力を消耗することから、バナナを食べて暑い夏を元気に乗り切ってもらいたいと「8(バ)」「7(ナナ)」の語呂合わせで、日本バナナ輸入組合が定めました。
今でこそ果物の中でも値段が安いバナナ。明治36年に台湾から日本に持ち込まれて以来、昭和の初め頃まではおみやげ品や、病気のときにしか口にできない高級品だったようです。
朝食や子どものおやつとして、スポーツ選手の補給食やダイエット中の人にも人気のバナナは、豊富な栄養素を含み、エネルギーが長く持続するためといわれています。

8日:タコの日、チャーハンの日、発酵食品の日

タコの日

タコの日は2日に分かれています。7月2日は「一般社団法人・日本記念日協会」によって制定されたがタコの日で、、半夏生にタコを食べるいう習慣が関西であることをご紹介しました。
一方8月は、8月8日とタコの足の本数に因んで「8」が続く日という理由から、熊本県・天草市、広島県・三原市ではこの日を「タコの日」としています。
これらの地域では、8月8日にタコのイベントや供養祭を行うなど、漁師町独特のタコイベントが開催されます。

チャーハンの日

チャーハンチャーハンは夏場に需要が高まることから、中華料理業界全体でチャーハンを盛り上げていくことをめざし、ニチレイフーズが制定しました。おいしいチャーハンの特徴である「パ(8)ラパ(8)ラ」の語呂合わせでこの日に。

発酵食品の日

甘酒古くから人々の食生活に大いに役立ってきたチーズや納豆などの発酵食品。ヨーグルトやチーズだけでなく、近年では甘酒や塩麹など、発酵食品が見直され注目をあびています。8月5日同様に、原材料の保存、味覚、栄養などの面からも優れた食品である発酵食品の大切さをPRする日として、広島県尾道市に本社を置く万田発酵株式会社が制定しました。日付は8と8で、発酵の8(ハチ)と、末広がりの八(8)から、発酵食品の無限の可能性をも示しています。
※5日の「発酵の日」は、マルコメ株式会社が制定。

9日:ハンバーグの日

ハンバーグ8と9で「ハ(8)ンバーグ(9)」と読む語呂合わせ&子どもから大人まで幅広く愛されているハンバーグを、夏休みの期間中でもあるこの日に、さらに食べてもらいたいとの願いが込められ制定されまました。

 

 

Return Top