Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

「おもしろ食知識」~魚介類由来のことば~

はじめまして。しめさば大好き、さが~るです。

突然ですが、普段みなさんが何気なく使っている言葉のなかに、いろいろな魚介類が潜んでいるのをご存知でしょうか。たとえば、私も大好きな鯖(さば)。「さばを読む」…これは割と有名ですね。実は魚介類が由来になっている言葉は、ほかにもいろいろあるのです。今回はそんな「食×言葉」のおもしろさを、ご紹介したいと思います。

■「さばをよむ」

(意味)自分の利益になるように、数をごまかす。最初に姿を現したのは、先述の…「鯖(さば)」。

味噌煮・塩焼き・しめさば・さば寿司など、脂ののったさばは本当においしいですよね。そんなさばは傷みやすく数も多かったため、魚市場で早口で数えられていました。実際の数とは合わなかったところから、“いい加減に数えること”を表す言葉になったといわれています。

■「とどのつまり」

(意味) 行きつくところ。結局。
鯔(とど)2匹目は、「鯔(とど)」です。

トド?そう、あの水族館の人気者…ではありません。とどは、高級珍味として卵巣が食されている「カラスミ」の原料、ボラのことです。成長につれて名称が変化していく、いわゆる出世魚の1種で、「はこ→おぼこ→すばしり→ぼら→とど」となることから、物事の果てを表す言葉になったとされています。

■「ごりおし」

(意味)無理矢理に自分の考えを押し通すこと。

続いては、「鮴(ごり)」。ごりは、「鰍(かじか)」の異名です。川底に敷いたむしろ(※)にごりを追いこみ、むしろの上の小石に隠れたごりを、むしろごと持ち上げて捕らえる、かなり強引な漁法(ごり押し漁)が、ごり押しの語源とされています。

なお、ごり押し漁は京都の伝統漁法で、ごりを使った料理は京都の料亭でも出されていて、その昔、食通で有名な北大路魯山人も、その味を絶賛したとか。

※むしろとは、イグサ、藁(わら)、蒲(がま)などの植物を編んでつくった敷物のことです。

■「にべもない」

(意味)愛想がない。そっけない。

「鮸(にべ)」…なかなか聞かない魚ですよね。

塩焼き用として需要のあるスズキ目の白身魚です。にべもないの“にべ”は、この魚の浮き袋(※)から作った接着剤の膠(にかわ)を指しています。にべもないは、にかわのように粘着性があるこってりとしたものの反対の意味として、冷淡、あっさりしているという意味として使われます。

※にべという魚は、人間の肺にあたる「浮き袋」が発達しているのが特長です。とても粘り気が強いので、接着剤などに使われます。

 

■「ひっぱりだこ」

(意味)多くの者が自分の側に引き入れようと争うこと。また、その対象となる人や物。
たこ少しなじみのない魚が続きましたが、次に登場するのは、皆様おなじみの「蛸(たこ)」です。

フタ付きの瓶に閉じ込められても、吸盤を使ってフタを回して瞬時に脱出するなど、無脊椎動物の中ではかなりの知恵者です。そんなたこの干物を作る際に、足を四方八方に広げて干された形から、引く手あまたな様子を表すようになったといわれています。

■「うなぎのぼり」

(意味)物事の程度や段階が急激に上がっていくこと。
うなぎ続いては、好物にあげる日本人は多いであろう「鰻(うなぎ)」です。

甘辛いタレを絡めて香ばしく焼き上げられた蒲焼は、ごはんが進む一品ですよね。また、ふわふわの白焼きをわさびと醤油をつけていただくのも美味です。そんなうなぎには、海底で生まれてから2年ほどたつと、川をどんどん上りはじめる性質があることから、急上昇するさまを表す言葉になったようです。

「たらふく」「でたらめ」「やたら」

たらさいごは番外編!「たらふく」「でたらめ」「やたら」 といった、ちょっと大胆なイメージの言葉をご紹介。この中に隠れている魚介類は…そう!「鱈(たら)」ですね。

これらの言葉は魚のたらが語源になったという説もありますが、当て字として鱈の漢字が使われているという方が正しい説として広く知られています。それでは改めて、辞書で意味を引いてみます。

たらふく【鱈腹】…《副》腹いっぱい食べるさま。
でたらめ【出鱈目】…《名・形動》筋の通らないことやいい加減なことを言ったりしたりする・こと(さま)。やたら【矢鱈】…《副》秩序や節度がなく、程度がはなはだしいさま。ひどく。

「勝手気ままに、むやみに腹一杯!」みたいな感じでしょうか…。

実はたら(正式名はまだら)は見つけたエサは手当り次第、貪欲に食べてしまうという大食漢。見た目にもお腹がパンパンに膨らむまで食べまくるので、鱈腹・出鱈目・矢鱈という当て字に使われることになったようです。イメージにピッタリの性質ですね、昔の人もおもしろいことを考えたものだと思います。

■まだまだ言葉に潜む、魚介類たち。

魚介類に由来する言葉の一部をご紹介してきましたが、いかがでしたか。全部知っていた!…という方もいらっしゃるでしょうか?これらのほかにも、言葉の中に潜む魚介類は存在します。

おいしい魚介類を食べるとき、何かの言葉の語源になっているのかな?と考えをめぐらせながら食べるのも、楽しいかもしれませんね。

出典:三省堂 大辞林 第三版 松村明/編 三省堂(2006.10)
現代語語源小辞典 杉本つとむ/著  開拓社(1983.12)
日本語語源辞典    堀井令以知/編  東京堂出版(1983.7)

ABOUT THE AUTHOR

さが~る
ハマりものフードを一定周期で飽きるまで食べるタイプの食いしん坊です。
Return Top