Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

今日の○○記念日 7月後半

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していることにお気づきでしょうか。
そんな記念日のなかから、食に関する記念日をご紹介していきます。

16日: からしの日&駅弁記念日

からしの日

冷やし中華代表的な香辛料の「からし」の認知度をさらに高め、その豊かな活用方法を広めるため、日本からし協同組合が制定しました。日本からし協同組合の前身である全国芥子粉工業協同組合が設立された1957年7月16日からこの日が選ばれました。

駅弁記念日

駅弁
1885年のこの日に開業した日本鉄道の宇都宮駅で、日本初の駅弁が発売されたとの説から生まれた記念日です。

19日:やまなし桃の日

全国一の生産量を誇る山梨県の桃をアピールする日として山梨県果樹園芸会が制定しました。日付は「百」をモモと読み、百が重なる1月1日から数えて200日目(百が二つで二百)に当たることの多い7月19日としたそうです。ちょうど美味しい桃の出荷時期にも当たるのです!

21日 :烏骨鶏の日

美容・健康に良く、栄養価に優れている烏骨鶏の魅力をより多くの人に知ってもらえるようにと、4社(デリカスイト、烏骨鶏本舗、東かがわ烏骨鶏ファーム、松本ファーム)で制定。日付は烏骨鶏が1942年(昭和17年)7月21日に大分、三重、広島などの主産地で天然記念物として指定された日にちなんでいます。

25日:かき氷の日

かき氷7(な)2(ツー)5(ご)でかき氷のかつての名前「なつごおり」(夏氷)の語呂合せで生まれた記念日。この日に日本の最高気温※が記録されたこともあり、日本かき氷協会が制定しました。

※山形市で最高気温40.8℃(1933年)
この記録は長らく日本の最高記温記録となっていましたが、2007年8月16日に熊谷市と多治見市で40.9℃を観測し、74年ぶりに記録が更新されました。

ということで、今年もかき氷の季節到来ですね。
暑ければ暑いほど、美味しいかき氷。近年はかき氷専門店もあり、ブームともいえるかき氷ですが、実はその歴史は古く、平安時代には登場していたようです。日本で最初にかき氷を食べたこことが記録されているのは、清少納言なんだそうですよ。

29日:福神漬の日

ご存知の方も多いと思いますが、福神漬という縁起の良い名前は七種類の野菜が使われていることなどから。
七福神との結びつきがあり、7と29で「七福(しちふく)」と読む語呂合わせと、カレーに添えられている福神漬を食べて夏バテを防いでもらおうとの願いを込めてこの日に、新進が制定しました。

 

Return Top