Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

神仏×食 ~開運の相乗効果~
Vol.13 開運ロードとみくじ(大分県)

一攫千金を狙うなら
開運要素しかないエリアを行こう!

大分県の東端、もとは火山だったという国東半島に、素晴らしく縁起が良いエリアを発見しました。
名前は「開運ロードとみくじ」!

「富来(とみく)港」から文殊仙寺というお寺までの10㎞に及ぶ道が“開運ロード”とされています。
「富来(とみく)=富が来る」という地名にかけた、壮大な縁起担ぎです!

しかも10㎞という距離は、「10×千=当選」という縁起にかけているそう。
細部まで開運のこだわりがすごいです!

マネーき猫
富来港の近くにある「マネーき猫公園」の猫像。なんと石占いができる!

はずれた宝くじを“供養”
当り券に生まれ変わりますように

富来港から出発して文殊仙寺を目指す途中にある「萬弘寺(まんこうじ)」もまたユニークな開運スポットです。

こちらの境内にある「念夢の碑」に宝くじのはずれ券を入れると、次は当選するという噂があるのだとか!
はずれ券が輪廻転生して、当り券に生まれ変わるのかもしれませんね。

 

念夢の碑
念夢の碑の下に、「空くじ」と書かれた壺がある。

開運ロードの守り神
富来地区の神社で願掛けを!

開運ロードとみくじのなかでも、ここは外せない(ハズレさせない)のが「富来神社(八坂社)」です。
その名もズバリ「富来(とみく)=富が来る」ということで、金運UPを目指して訪れる市外・県外からの参拝者も多いそうです。

神門
思わず見とれた神門に施された彫刻!有形文化財です。

神社の脇には金運UPグッズをズラリと集めた売店もあって楽しい♪
ちなみにご朱印はこの売店でいただけます。

運玉に願掛けを!
最強の開運スポットがここに

富来神社の拝殿にお参りしたら、是非とも右手からまわって拝殿の裏へ行ってみましょう。
ここには「開運運玉唐獅子像」がいらっしゃいます。

運玉に手をかけて空を見上げる獅子
運玉に手をかけて空を見上げる獅子がかっこいい!

運玉に触れて財宝祈願をすれば、これまでの金運がガラリと変わるかも!?
気持を上げてくれる開運ロードとみくじ、最高ですね☆

紹介したスポット

■開運ロードとみくじ
大分県国東市国東町 富来港から文殊仙寺まで10㎞に及ぶ道
http://www.e-kunisaki.com/site/kanko/kaiunroadtomikuji

元廻船問屋の家屋で
不思議な食に出会う!

開運ロードとみくじがスタートする富来港の近くに、素敵なランチスポットを発見!
その名も「富来茶家」。
縁起の良い名前だけでなく、体の中から運気を上げてくれる食を提供してくれます。

廻船問屋として長年親しまれた家屋を使った店内は、おばあちゃんの家に来たような懐かしい雰囲気。
イグサに比べてかなり丈夫な「七島イ」を使った琉球畳が印象的です。

「七草イ」の琉球畳。
国内で唯一、国東市だけが栽培している「七草イ」の琉球畳。

店主は薬草“猛者”
自然の力に生かされるランチ

富来茶家の店主は、なんと薬草マイスター!
店で提供される料理やスイーツ、お茶は、薬草がメインです。
生活習慣病や精神不安の改善、美容面のサポートをしてくれる野草を、分かりやすく紹介してくれます。

旬の薬草膳
「旬の薬草膳」。ご飯の上の薬草みそも美味しかった~

「旬の薬草膳」は、薬草はもちろん地元の野菜もたっぷり!
1品ずつ丁寧に調理してあって、味の変化が面白いです。
コスパの高さにも驚きました(取材時は1,296円・要予約)。

とりあえず生きていける
野草の天ぷらに感動

「旬の薬草膳」の中でもかなりの衝撃だったのが、野草の天ぷら。
オレンジ色の葉っぱみたいなやつ、本当に柿の木の葉っぱですよ!
意外にもカリッとしていて美味しいじゃありませんか。

色とりどりの野草のてんぷら。道端に生えているものばかり。この天ぷらを食べてからというもの、道路に生えている草や落ち葉が食べ物に見えて仕方ありません。
素人判断は危険ですが(汗)、とりあえずお金なくても生きていけると元気が出ました。

最近こちらのお店では、開運そばを始めたり、この地区に伝わる七福神の言い伝えをもとに、七福神の衣裳を用意したりと、ますます運気UPの後押しをしているそうです。

紹介したスポット

■富来茶家
大分県国東市国東町富来浦2102
ホームページなし

 

ABOUT THE AUTHOR

柴尾真理
神社仏閣ライター。書籍「神社仏閣おちゃ巡り」シリーズの著者。各媒体でのコラム執筆、TV・ラジオの出演を通じて、“気分が上がる”寺社の魅力を発信している。分かりやすく、俗っぽい(?)ナビゲートが人気。福岡県在住。
Return Top