Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

神仏×食 ~開運の相乗効果~
Vol.6 南洲神社(鹿児島県)

来年の大河ドラマを先取り!
“西郷どん”ゆかりの神社

九州の南端、鹿児島県は鹿児島市にやってきました!

いやぁ~もうね、今年のうちに行っておこうと思ってね、鹿児島。
だって来年のNHK大河ドラマは、鹿児島のヒーロー・西郷隆盛が主人公ですよ。
絶対、観光客が押し寄せるに決まってるから!

そんなわけで今回は、西郷どんの聖地「南洲神社」をご紹介します。

西郷どんの顔がドーンと描かれた御朱印帳
西郷どんの顔がドーンと描かれた御朱印帳が!

鎮魂の場と聖域が共存
これは珍しいかも!

南洲神社は、西南戦争で破れた薩摩軍2023名の将兵が眠っている「南洲墓地」に隣接しています。

ゆるやかな長い階段を上っていくと、大きな鳥居がお出迎え。その鳥居の向こうは・・・墓地!この風景には驚きました。

その墓地の中央手前にひときわ大きな西郷隆盛さんのお墓があります。

鳥居
鳥居の向こうに広がる墓地、これは珍しいよね

墓地からは市街地が一望できるうえに、錦江湾や桜島まで見渡せます。

墓地ならではの暗い感じはなく風も爽やか。
歴史ファンが集う観光スポットにもなっていて、散歩やランニングのコースにしている地元の方もいるそうですよ。

パワースポットではなく
“無”と“静”の聖地

墓地の隣にある南洲神社。なんと、西郷隆盛さんがこの神社の神様になっているのです!

拝殿内には、「天を敬い、人を愛する」という西郷どんの座右の銘「敬天愛人」が掲げられています。

拝殿
拝殿内には西郷どんの像も安置されている

通常、神社といえばパワースポットのイメージが強いですが、この神社は鎮魂の場にあることもあって、パワーをもらう!という感じではありません。これは悪い意味じゃなく、心が無に近くなる、静まる場所だということ。

西郷どんや、彼らが生きた時代に想いを馳せることで、現代の自分を見つめ直すのにはピッタリです。

紹介したスポット

■南洲神社
鹿児島市上竜尾町2-1
http://www.nansyujinja.jp/

錦江湾と桜島が一望できる
鹿児島ならではの絶景カフェ

南洲神社からわりと近く(といっても車じゃない人はバスを使いたい距離)に、隠れ家的なカフェを発見!

カフェ
ゆるやかな坂の上には、雲とカフェがあった

高台の住宅街に佇む一軒家の「かんまちカフェ Haruya」は、庭のテラス席や店内から、錦江湾や桜島が一望できる絶景スポット。

木のぬくもりを感じさせる店内はガラス張りになっていて、明るい光が降り注ぎます。
店内には店主さんがセレクトした器や雑貨も並んでいますよ。

こだわりパフェが充実!
深い味わいの珈琲にも合う

こちらのカフェでは食事を楽しむこともできますが、目を奪われたのは豊富なスウィーツのラインナップです!特にパフェが美味しそう♡

私は定番の「抹茶パフェ」にしましたが、風味豊かな抹茶アイスに団子とあんこのトリプル和の甘み、それにほろ苦な珈琲ゼリーやたっぷりの生クリームが調和していて、大変美味しかったです。

抹茶パフェ
ベルギーチョコレートと迷った挙句に抹茶をセレクト

このカフェでは“旬”を大切にされているようで、季節の果実を使った期間限定パフェも随時登場しています。何度も訪れる楽しみがありますね。

店内様子
やっぱり窓際を占拠したくなるよね~

西郷どんはもちろん、多くの鹿児島の偉人達が眺めてきた錦江湾と桜島の風景。
それを現代に生きる私が、甘いパフェを食べながらいま眺めている。

なんだか感慨深いような、ありがたいような気持ちになりますね。
鹿児島を訪れたら、やっぱりこの風景は目に焼き付けて帰りたいものです。

紹介したスポット

■かんまちカフェ Haruya
鹿児島市上竜尾町36-1
https://www.facebook.com/haruyacafe/

ABOUT THE AUTHOR

柴尾真理
神社仏閣ライター。書籍「神社仏閣おちゃ巡り」シリーズの著者。各媒体でのコラム執筆、TV・ラジオの出演を通じて、“気分が上がる”寺社の魅力を発信している。分かりやすく、俗っぽい(?)ナビゲートが人気。福岡県在住。
Return Top