Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

神仏×食 ~開運の相乗効果~
Vol.31 東光寺(山口県)

どこを撮ってもSNS映え!
色彩に魅了されるお寺さん

幕末の英雄たちを多く輩出した山口県萩市。
その城下町から少し離れたところにある「東光寺」さんは、とにかくその美しさに心奪われる美景の寺院です。

華やかな総門の赤、参道の緑、重厚な三門や大雄宝殿の木の色。
その一方で、墓所が広がる場所は色をなくした無彩色の世界。
有色、無色、それぞれの景色に魅力があるんです!

総門はビビッドな赤!参道の緑とのコントラストが美しい

境内は重要文化財だらけ!
歴史ある空間に身を浸す

東光寺は1691年に創建され、全国的にも大きな規模を誇る黄檗宗の寺院。
総門、三門、鐘楼、大雄宝殿は国の重要文化財に指定されていて、境内には見どころが沢山あるんです。
歴史上で有名な毛利家の菩提寺でもあるので、歴史ファンにもおすすめですよ。

大雄宝殿の中には、金色の美しい釈迦如来様がおわします

エネルギーゼロの空間
500基の石灯籠が迎える墓所

大雄宝殿の奥は墓所になります。
ここには毛利家3代から11代までの奇数代の藩主と、その縁者の墓があります。
国の史跡に指定されているんですよ。

整然と並んだ石灯籠が異界の雰囲気

お墓だからといって怖いとか悲しいという感情はなく、なんというか「無」の世界。
エネルギーゼロの空間が広がっていて、逆に心が落ち着くような、不思議な気持ちになります。

オリジナルのご朱印帳や絵馬も
参拝後はほっこりした気分で

格式あるお寺の境内を巡って心洗われた後は、オリジナルのご朱印帳にご朱印を書いていただいたり、お守りをいただいたりしましょう。

なかでも面白いのが、鬼瓦モチーフの絵馬。
大雄宝殿の鬼瓦は、かつてNHK大河ドラマ「太閤記」のタイトルバックに登場したものなのだとか。

お寺名物!?鬼瓦絵馬と鬼瓦ストラップ

萩市きっての観光地でもある東光寺。
秋の紅葉、冬の雪景色、春の桜もおすすめですよ♪

紹介したスポット

■東光寺
山口県萩市椿東1647
https://www.toukouji.net/

枯山水の庭を眺めながら
萩城下町ではんなりランチ♪

世界遺産に登録されている萩城下町でランチするなら、やっぱり歴史を感じさせるスポットがいい!
そんな人におすすめなのが、「ホトリテイ(畔亭)」です。
約800坪もの広い庭園が自慢のカフェで、日本家屋の佇まいも素敵なんですよ~~

枯山水の庭園は着物での訪問も似合いそう
店内のいたるところから自慢の庭が見える

ワンプレートランチで
その店の実力が分かる!

格式の高そうな店構えでありながら、ランチは950円からの丼ランチや1000円台のワンプレートランチが利用できるのが嬉しいです。
お腹がすいていた私は、地元産のむつみ豚を使ったカツレツプレートをオーダーしました。
すると・・・

ど~~ん!!皿からはみ出るほどのボリューム

いや、驚きました。
日本庭園のあるグルメスポットで食べるランチは、基本お上品(量も値段も)なのが定番です。

でもホトリテイのランチは、ボリューム感がハンパない!!
「美味しいの、いっぱい食べていってね」と言われているような、店主さんの愛情がひしひしと伝わり、感激しました(涙)。

萩市のむつみ地区でつくられるむつみ豚は、脂の甘味や肉の旨みがしっかり。
その他のお惣菜やスープも、1品1品こだわってつくられているのが分かります。

萩名物・夏みかんの
スイーツもドストライク!

ワンプレートランチで実力と心意気が十分に伝わってきた後は、期待大のスイーツタイムへ。
萩の有名な特産物である夏みかんを使ったアイスケーキと、夏みかんと生姜のジンジャーエールをオーダーしました。

夏みかんの甘酸っぱさをいろんな角度で楽しむ

ああ(涙)
期待を裏切らない安定の美味しさです。

夏みかんのアイスケーキは、柑橘類やクルミ、チョコレートの様々な食感のコラボが面白いですね~~

ホトリテイは、単にSNS映えするだけじゃない、胃袋も大満足の立ち寄りスポットでした♡

紹介したスポット

■ホトリテイ(畔亭)
山口県萩市南片河町62
https://www.facebook.com/hotoritei/

 

ABOUT THE AUTHOR

柴尾真理
神社仏閣ライター。書籍「神社仏閣おちゃ巡り」シリーズの著者。各媒体でのコラム執筆、TV・ラジオの出演を通じて、“気分が上がる”寺社の魅力を発信している。分かりやすく、俗っぽい(?)ナビゲートが人気。福岡県在住。
Return Top