Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

神仏×食 ~開運の相乗効果~
Vol.40 八幡朝見神社(大分県)

日本一の湧出量を誇る
別府温泉の総鎮守へ

名だたる温泉地のなかでも、日本一の温泉湧出量を誇る大分県別府市。
今回は、その総鎮守である「八幡朝見神社」をご紹介します!

八幡朝見神社
大きな石の鳥居をくぐれば表参道へと続く

別府湾や市街地が一望
明るい気分になれる神社

八幡朝見神社の創建は1196年と伝わっています。
仁徳天皇、応神天皇、仲哀天皇、神功皇后がお祀りされている社殿は、グリーンの屋根と赤の建物が華やかです!

八幡朝見神社
親しみやすい雰囲気で楽しく参拝できます

ちなみに拝殿の真正面は、とっても大きな広場になっています。
京都の清水の舞台のような雰囲気で、この空間だけが大きく開けていて気持ちがいいです。
遠くには別府湾や別府の街並みが見えますよ。

一歩足を踏み入れると空気が変わる
パワーあふれる木々の存在

八幡朝見神社の周辺は住宅地なんですが、鳥居をくぐって境内に足を踏み入れると、ガラッと空気が変わります。
“神様がいらっしゃる感”といいますか、濃いご神気に包まれているんです。

その理由の一つが、この神社に存在する木々のパワーではないかと思われます。

夫婦杉
ゲートのようにそびえる「夫婦杉」も迫力満点!

天に向かって真っすぐに伸びる2本の夫婦杉や、社殿横の樹齢1000年を超える大きなクスノキなど、巨木が多くて圧倒されます。
境内には様々な種類の木々が自生しているので、巡っているだけでも心身がキレイに洗われそうです。

やっぱり外せない「温泉」
ご朱印帳の可愛さがたまらない!

こちらの神社では、別府温泉の守り神である「温泉神社」を合祀しています。
なので、八幡朝見神社のご朱印はもちろん、もう一つ「温泉神社」のご朱印もいただけるんですよ。

そしてオリジナルのご朱印帳は、なんと温泉マークがモチーフになっています!

ご朱印帳
色違いの黒地のご朱印帳も可愛い!

仕事柄、多くの寺社に参拝するので、それぞれのご朱印帳は眺めているだけなのですが、ここのはスルーできませんでした(汗)
思わず購入させていただき、にんまり眺めています(笑)。

八幡朝見神社は、温泉地・別府の総鎮守に相応しく、心がほっこり温かくなる場所でした。

 紹介したスポット

八幡朝見神社
大分県別府市朝見2-15-19
http://www.asami.or.jp/

神社の建物を使ったカフェで
ランチやティータイムを

八幡朝見神社の境内には、参拝後に立ち寄れるカフェ「茶房 萬太郎」があります。

茶房 萬太郎
中は天井が高くて、大きな梁が見事です

趣のある白壁が印象的ですが、この建物はもともと神社の神輿蔵だったのだとか!
そんなありがたい場所で食事やお茶が楽しめるなんて、嬉しい限りです。

伝説の水「萬太郎清水」で
心身の穢れを流したい!

実は八幡朝見神社、ご利益のある清水が湧く地としても有名なんです。
その名は「萬太郎清水」。

萬太郎清水
多くの人たちが清水を汲みにやってくる

萬太郎という人物が、不治の病に侵された父親に、朝見の地に湧く清水を飲ませたところ、たちまち病気が全快したという伝説があるそうです。
干ばつになっても枯れないというこの清水、確かにパワーがありそうですね。
清水を汲んで持ち返るのもいいですが、茶房でこの萬太郎清水を使った珈琲やぜんざいをいただくのもおすすめです。

萬太郎清水
スーッと体に染み入るような清水の珈琲

素朴ながら不思議に美味しい
“神社ナポリタン”

このお店では、ナポリタンやドリアなどの軽食もあります。
小腹がすいたら是非食べてみてください。

茶房 萬太郎
神社で食べるナポリタン、新鮮です

私がオーダーしたのはナポリタン。
一般的によくあるタイプのものでしたが、すごく美味しかったです!
パスタがソースでテカテカ濡れているものよりも、少し粉っぽくドライに絡んでいるナポリタンが好きな私。
まさにこの「神社ナポリタン」(←勝手に命名)は好みのド真ん中でした。
元神輿蔵の雰囲気を味わいながら、お腹もしっかり満たされてくださいね!

 紹介したスポット

■茶房 萬太郎
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社 境内
http://www.asami.or.jp/mantaro.php

ABOUT THE AUTHOR

柴尾真理
神社仏閣ライター。書籍「神社仏閣おちゃ巡り」シリーズの著者。各媒体でのコラム執筆、TV・ラジオの出演を通じて、“気分が上がる”寺社の魅力を発信している。分かりやすく、俗っぽい(?)ナビゲートが人気。福岡県在住。
Return Top