Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

今日の○○記念日 10月1日~10日

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していることに、お気づきでしょうか。 そんな記念日のなかから、食に関する記念日をご紹介していきます。

1日:トンカツの日、食物繊維の日、食文化の日

トンカツの日(味のちぬやが制定)

とんかつ「スポーツの秋にトンカツを食べて元気になり、勝負に勝つ(カツ)」ことと、トンを「10」、カツを「1(=1番)」に見立てて、冷凍食品メーカーの味のちぬやが提唱したもの。
上記とは別に、東京都食肉事業協同組合が10月10日を「とんかつの日」と決め、特別セールも行なわれています。

食物繊維の日

10月1日を「1001」と見立て、「せんい(ち)」と読む語呂合わせから。現代人に不足しがちな食物繊維の摂取向上のきっかけの日とすることを目的とした記念日です。
アサヒ飲料、アサヒフード アンド ヘルスケア、敷島製パン、日本製粉、ロッテ、ロート製薬の食品・飲料メーカー6社で2005年に発足した「食物せんいプロジェクト」が制定。6社共同で食物繊維6g以上配合の商品を共同でプロモーションなどの取り組みを行っています。

食文化の日(日本食研が制定)

日付は豊かな「食」を通じて幸福を提供し続けたいとの熱意から会社の創業記念日(1971年10月1日)に当てました。
食文化と一言で言っても、実際に口に入れるものから、その原料、それを加工する調理器具、食卓に並ぶ食器、食にまつわることわざや食事のマナーなどなど多岐にわたります。
そんな、それぞれの国において独自の文化として発展し続けている食文化を、さまざまな切り口で紹介・展示している世界唯一の博物館「世界食文化博物館」を本社に併設しています。

“食文化の国際交流”が体感できる
新スタイルのレストランがオープン!!

キッコーマンは今年11月1日に「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO(キッコーマン ライブキッチン東京)」をオープンします。
東京都千代田区有楽町の「数寄屋橋交差点」そばに開業する、複合施設「ヒューリックスクエア東京」内、国内外で活躍するシェフ・料理人が開発した料理を、実演やトークによ“料理ライブ”と一緒に楽しむことができるレストランです。

料理は、“融合”をテーマにした月替わりのコース料理。
毎月、異なるジャンルのシェフ・料理人2~3人がタッグを組み、新たな料理の開発に挑戦します。和食を軸に、フレンチ、イタリアン、中国料理などを組み合わせた料理で、“食文化の国際交流”を体感することができるのだそう。

そのコース料理には、全国の自治体とのタイアップによる各地の特産品を、月替わりで使用。
料理ライブは、特設の“キッチンステージ”で行なわれます。シェフ・料理人の手さばきを見たり、おいしさを生み出す工夫などの説明を聞きながら、料理をゆっくり味わうことができる、まさに料理実演やトークを楽しみながら、世界の料理の“融合”をテーマにした料理が味わえます。

8日:はらこめしの日、ようかんの日、トレハロースの日

はらこめしの日(宮城県亘理町が制定)

はらこ飯宮城県亘理町荒浜が発祥とされる郷土料理「はらこめし」 の美味しさを知ってもらうことを目的に、制定されました。
「はらこめし」とは煮汁で炊き込まれたご飯の上に脂ののった鮭の切り身と大粒のはらこ(イクラ)を贅沢に乗せた郷土料理。宮城県を代表する秋の味覚!

日付は10月は阿武隈川に鮭が上ってくる鮭漁の解禁の月で、8日の8は「はらこ」の「は(8)」であり、イクラの粒を縦に並べると数字の8に形が似ていることから。
2018年は10月6日には、「はらこめし」の試食や販売など楽しい催し盛りだくさんの「荒浜漁港水産まつり」が開かれます。

ようかんの日(紅葉屋本舗が制定)

ようかん2012年に練羊羹発祥の地とされる和歌山県の紅葉屋本舗が制定した記念日。美味しくて疲労回復に良いとされるビタミンB1を多く含む羊羹を食べて、元気になってもらいたいとの思いから生まれました。
由来は日付で、食欲の秋の10月と、縁起の良い言葉の「八福」にちなんで8日。10と8で「いと(10)おいしいよう(8)かん」の語呂合わせも。

トレハロースの日(林原が制定)

自然界に存在する糖質のトレハロースの認知度向上がを目指し制定された記念日。
野菜や果物の変色を抑え、鮮度を維持し、高い保水力など、さまざまな特徴を持つトレハロースは、菓子・食品・化粧品・入浴剤など幅広い分野で使われています。
日付の由来は、10と8でトレハロースの「ト(10)レ(0)ハ(8)」と読む語呂合わせから。

9日:仙台牛の日
(仙台牛銘柄推進協議会と全国農業協同組合連合会 宮城県本部が制定)

「仙台牛」は、霜降りと赤身のバランス、きめの細かさなどの厳しい基準をクリアし、最高ランクに格付けされた牛肉のひとつです。
その美味しさをより多くの人に味わってもらうのが目的で制定されました。
日付は10月9日を「1009」(センキュー)として、仙台牛の略である「仙牛」(センギュー)との語呂合わせにちなんでいます。

10日:おもちの日、トマトの日

おもちの日(全国餅工業協同組合が制定)

焼き餅スポーツの秋! お餅でパワーアップ!!全国餅工業協同組合(全餅工)では、「国内産水稲もち米100%で作られている包装餅」の需要拡大を目指し、2010年よりこの日を「おもちの日」と制定し、普及活動に取り組んでいます。
日本の伝統食であるお餅は、簡単な調理で食べやすく、いろいろな食べ方ができ、それだけでなく、エネルギー源やコンパクトな栄養補給源として優れた食品です。
特にスポーツ時のエネルギー・栄養補給源として非常に適し、実際に多くのマラソン選手が愛用するなど、持久力を要するスポーツに効果が認められています。

由来は10月10日は、東京オリンピックの開催日で、スポーツと健康を目的とした祝日、体育の日でした。
スポーツや健康に関わりの深いお餅こそが、この日に最も相応しい食品と考え、この日を「おもちの日」に制定し、9月下旬から10月にかけて「スポーツの秋!お餅でパワーアップ!!」を発信。
また、お餅が膨らんだ姿を横にすると「10」に見えたり、切り餅と丸餅を並べて「10」に見える事も理由の1つとのこと。
毎年、「ちびっこもちつき体験」などが楽しめる「おもち祭り」を開催し、「おもちの日」普及活動が行われています。

トマトの日(全国トマト工業会が制定)

新鮮トマト10月10日もうひとつの記念日はトマトの日。「ト(10)マト(10)」の語呂合せが由来で、全国トマト工業会が制定しました。
トマトは私たちの身の回りにあふれて、生活に欠かせない食材ですね。
トマトといえば夏!というイメージが定着していますが、味的にいえば夏よりも秋のほうが旬なんだそう。それは、トマトの実ができるまでにかかる時間にあるようです。
夏よりも涼しい秋のほうが、ゆっくりうま味を蓄えながら熟すので、甘くて美味しいトマトが出来から。
美味しいトマトを4つの選ぶポイントもおさえ、甘くて美味しい秋のトマトをいただきましょう!

◆トマト豆知識◆
おいしいトマト選び 4つのポイント

(1)ヘタやガクが濃い緑色で枯れていないもの
(2)全体の色が均一で皮に張りのあるもの
(3)持ってみてずっしりと重たいもの
(4)お尻の部分の放射状の線がはっきりしているもの

 

Return Top