Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

「食べられる花」エディブルフラワーで
食卓をより華やかに、魅力的に!

皆さんはエディブルフラワー(edible flower)という言葉を聞いたことがありますか?

エディブルフラワーとは「edible=食べられる、flower=花」を意味し、観賞用の花とは違って、野菜と同じように安心して食べるためにつくられたお花のことです。種類は100以上あり、スーパーやデパートの食料品売り場、インターネットなどでパック入りが売られているようです。

花を食べる文化は世界中にあるようで、日本ではお刺身のツマに使われるシソやキクの花、菜の花やふきのとう(菜の花もふきのとうも花のつぼみです)などがよく知られていますね。また、中国ではニラのつぼみを炒め物や和え物にするほか、タイではパッタイにバナナの花が添えられることもあるとか…。

菜の花やふきのとう、ニラなどの花のつぼみは別として、そのほかの花はどちらかといえば「料理の添え物」的イメージが強いかと思いますが、最近では「料理をもっと華やかに見せる、あるいは主役そのもの」になってきているのかなと個人的には思っています。

シソとキクの花はお刺身の定番!
ふきのとうの天ぷら

エディブルフラワーは汎用性の高い食材ではなく、
料理やスイーツをより魅力的にみせるもの?

ところで、エディブルフラワーにはどんなものがあるのでしょう?

冒頭にも述べたように100種類以上あるようで、農水省の下記HPによるとキンギョソウやパンジー、アリッサム、サイネリア、ベゴニア、ビオラなど、春になるとお花屋さんでよく見かける本当に華やかで美しいものばかり!

  • 農水省「食材まるかじり、花を食べる」1
    http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1004/spe2_01.html

    プリムラ
    アリッサム
    パンジー
    パンジー
    サイネリア
    サイネリア
    きんぎょそう
    キンギョソウ

    ただし、お花屋さんで売られているものはあくまでも観賞用のお花。農薬を使ったりしていることもあるので、絶対に食べないでくださいね。

海外のインスタはまるでアート作品!
上級者のワザをまずはマネッこしよう。

では、こうした花はどんな風に料理やスイーツと組み合わせたり、食べられているのでしょうか?

調べてみたところ、最近では、インスタ映えを目的として料理を華やかに彩るほか、ビタミンなども豊富なので、野菜や果物と同じように食べられているようです。

インスタ(とくに海外のもの)にアップされた画像を見ると、料理というよりまるでアート!本当に美しく、食べるものというより見て楽しむもののよう。たぶんワタシは、食べないで、お花だけを水盤などに入れて飾るのではないかしら。

海外の超上級者たちの“作品”に感嘆したあとは、そのスキルをできる範囲でマネしてみましょう。まずはスイーツやサラダをデコるのが簡単そうですが、下記のサイトで、エディブルフラワーの使い方やレシピについて紹介しています。

  • エディブルフラワー活用術~どんな料理もスイーツも一気におしゃれに
    http://news.livedoor.com/article/detail/13194942/
  • 農水省「食材まるかじり、花を食べる2」では簡単なレシピ紹介も
    http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1004/spe2_02.html
    ケーキをデコるのはもちろん、サラダに添えたりちらし寿司に散らしたり、生春巻きにするほかお弁当に入れたりと、使い方はさまざま。花そのものはどちらかといえば洋花が多いように思いますが、和洋中問わずいずれの料理に使っても違和感がまったくなく、華やかなプレートに変身してすてきです。
    また、都内にはエディブルフラワーが楽しめるカフェもあるようなので、興味のある方はぜひ一度いらしてみてください。
  • 都内で「エディブルフラワー」が楽しめるカフェ8選
    https://retrip.jp/articles/97013/?

一度ぐらいはステキなカフェに行きたいけど、できれば自分でエディブルフラワーを育てたり、入手して料理やスイーツをデコッてみたいという方は、下記に紹介した花の育て方や販売先、イベントやワークショップ関係のHPをごらんください。

また、料理やスイーツだけではなくお花を使った飲み物でおなじみなのが、桜湯。その他、中国茶には茶葉とジャスミンなどのお花を組み合わせた「工芸茶」もあり、グラスの中の美しいお花とお茶を楽しんだ後、お花だけを水に移して水中花としても楽しめるのがうれしい!

グラスの中のお花が美しい工芸茶
グラスの中のお花が美しい工芸茶

ABOUT THE AUTHOR

madara
3キロのお米がなかなか減らず、ベランダに来るすずめに与えているフトドキ(?)モノ。
すずめたちの賑やかなおしゃべりや、食べっぷりに見とれます。
Return Top