Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

全てのメシはツマミへ通ず

おかずにならない料理はあっても
ツマミにならない料理はない?

お米が主食のわが国ニッポン。毎日の食卓には必ずといっていいほど登場する「ごはん」。「おかず」と呼ばれる主菜・副菜は数あれど、必ずしもごはんが進むものばかりではないと感じたことはありませんか?

例えば、ふぐの薄造りでごはん。湯豆腐にごはん。個人的には今ひとつピンときません。でも、これらの料理、お酒を連想することはとてもたやすいことだったりします。きりりと辛い日本酒が合うだろうなあ、とか、お酒の好きな方なら想像も膨らむことでしょう。

けれども逆に「それ、ツマミにならないでしょ!」という料理や食べ物もたくさん思い浮かぶと思うのです。ケーキやお菓子は? それに「ごはん」そのものはどうなのよ? と。

いやいやところが。これが意外なお酒に合ってしまうのです。おかずにならない料理はあっても、ツマミにならない料理なんて、この世には存在しない、というのが持論の私。いろんな料理にいろんなお酒を合わせていこうと思います。

お稲荷さん
頬張ると甘辛いジューシーな煮汁が感じられるいなり寿司。いいもんですよね。

前置きが長くなってすみません。記念すべき第1回のおつまみはこちら。

いなり寿司。ふっくらと甘辛く煮含めた油揚げで酢飯をくるんだ、行楽のお弁当には欠かせないこの料理。「ごはん」だからということで、おつまみにするのを避けている人がいるとしたらとってももったいない! すごく合うお酒があるんです。

 

グラスの赤ワイン

ヴィンテージ:フジクレール マスカット・ベイリーA樽熟成
フジクレール マスカット・ベイリーA樽熟成

答えは赤ワイン。

できたら、マスカット・ベイリーAという、日本ワインでメジャーな品種の赤が良いと思います。マスカット・ベイリーAは、バブルガムやわたあめのような甘い香りが特徴。ジューシーで渋みもやわらか。たとえばこんなワインがおすすめ。

このワイン、「おまめさん」や佃煮で有名なフジッコ株式会社が運営しているワイナリーのもの。とってもクリーンで雑味のない味わいです。いなり寿司を頬張るとじゅわっと口の中に広がる煮汁の風味と、キャンディのような甘い香りが相まってジューシーさを引き立たせてくれます。

ちなみに、油揚げを煮る時に使うお砂糖を黒糖に変えると、もう少しボディの強いワインにもぴったり。スーパーやコンビニで買える、手頃なカベルネ・ソーヴィニヨンにもよく合いますよ。中の酢飯はあまり凝らずにシンプルに。白ごまを混ぜ込んだりしたものがベストです。

これから迎えるGWなどの行楽のお弁当にぜひ合わせてみてください。きっとあなたも、ごはんがツマミになることにびっくりしますよ。

Return Top