Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

今日の○○記念日 9月後半

日めくりカレンダーや手帳をめくると、たくさんの記念日が存在していることに、お気づきでしょうか。 そんな記念日のなかから、食に関する記念日をご紹介していきます。

15日:大阪寿司の日、ひじきの日

大阪寿司の日

大阪寿司大阪寿司って?と思われる方も多いのではないでしょうか。
大阪寿司とは、木枠に厚焼玉子や鯛、穴子、エビなどを並べて押し寿司にしたものや、伊達巻寿司、太巻き寿司を盛り合わせたもの。バッテラや松前寿司などが全国的も有名です。
見た目も味のバランスも取れていることから、ミニ懐石料理とも称されることも。
このように、大阪寿司は酢締めにした鯖や昆布などを使用し、生ものを使用しないため、お年寄りにも安心安全最適な食べ物として親しまれていることから、関西厚焼工業組合が「敬老の日」であった9月15日にこの記念日を制定しました。

ひじきの日

五目豆こちらも、この日が「敬老の日」の日であったことが由来となっています。
三重県ひじき協同組合は1984年に高齢化社会に向けて、寿命の延長、そして何より健康に長生きしていくことが大切であるとの考えから「ひじきをもっと食べて健康に長生きしよう」をテーマに、9月15日をひじきの日と定めました。
伊勢志摩地方の温暖な気候風土で育った伊勢ひじきは三重県の特産として有名です。
カルシウム・鉄分などのミネラルに、食物繊維もたっぷり。ひじきは、まさに健康食・長寿食。

大豆や油揚げと一緒に炊いたり、ひじきの炊き込みご飯にするなどが一般的ですが、毎年開催されるひじき祭りでは、「ひじきレシピコンテスト」が行われ、選ばれたレシピは日本ひじき協議会ホームページに掲載されています。
食欲の秋に、ひじきの新たなたのしみ方を発見してください!

17日 :イタリア料理の日

イタリアン9月17日、「cucina(クチーナ)= 料理」917の語呂合わから日本イタリア料理協会が制定した記念日。
イタリア料理やイタリア文化に関するイベントなどを行ない、より多くの 人々にイタリア料理を紹介し、イタリア料理ファンを増やすことをめざすべく、制定されました。
今年も「イタリア料理の日」にちなみ、全国からおよそ50名ほどのシェフが集まりイタリアンパーティーが開催されました。

18日: かいわれ大根の日

かいわれサラダサラダやスープ、ちょっとした料理に活躍する便利な野菜「かいわれ大根」。
無農薬の健康野菜であるかいわれ大根にもっと親しんでもらいたいという思いから、日本かいわれ協会(現 日本スプラウト協会)が1986年9月の会合で制定しました。
この記念日、日付の由来わかりますか??
これはよくある語呂合わせや歴史ではなく、なかなかユニークなのです!

18という数字の形なのです!
1を横にすると、「ー8」となりますよね。…何かの形に見えませんか?
そうなんです!!
「ー8」をたてにすると・・・貝割れ大根の芽になります!そのため、18日を記念日に制定しました。

そして豆知識。
かいわれ大根は「大根」の新芽で、かいわれ大根を育てていくと大根になるんだそうです。
ご興味ある方、ぜひチャレンジください!

30日:クミンの日(ハウス食品)

クミンカレーなど「エスニック料理」に欠かせないスパイス、クミン。この日を「クミンを使ったスパイスだけでカレーを作る日」に。日付は9(ク)と30(ミン)の語呂合わせから誕生しました。
クミンには、「消化器官を活性化させて便秘を解消する」「血行の正常化」「高い抗酸化作用」があり、特に女性に多い貧血やむくみにもよいスパイスだそうです。

クミンの日を制定したハウス食品では、定期的にスパイスセミナーも行われています。
次回は「スパイスでたのしむ おうちでハロウィーン」10月11日(木)14:00~15:30の開催のようです!

Return Top