Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

今日の○○記念日 ~バレンタインデー~

明日は2月14日、バレンタインデーですね。

お正月ムードが一転、至る所でバレンタイン特設売り場が設けられ、今年もデパートやパティスリーでは、趣向を凝らした斬新なチョコレートが並び、街はチョコレートとチョコ選びする人であふれています。
「愛を告白する」本命チョコだけでなく、義理チョコ・友チョコ・感謝を込めて渡すチョコ・自分自身に“今しかたべられない限定チョコ”など、さまざまなチョコレートに楽しみ方も広がっています。

バレンタインデーとは、チョコレートを売る戦略でできた日という話はなんとなく知っている方も多いかと思いますが、本当の由来や歴史をご存知でしょうか。

バレンタインデーとは

バラもともとはヨーロッパの記念日で、欧米では恋人同士・男性から女性に、家族や友人同士でプレゼントを贈り合う日として定着します。男女双方が想いをよせる人にカードを送り、本・チョコレート・花などの贈り物をし、義理チョコなどはありません。

そんなバレンタインデーの由来は、3世紀のローマにありました。
兵隊が戦争で国のために命を捧げられるよう、愛する家族をもつことで戦い抜く意志をゆるがすとがないよう、時の皇帝により若者たちは結婚を禁じられていました。

しかしキリスト教徒のバレンチノ司祭・バレンタインは、兵隊たちの結婚をこっそりと執り行っていました。皇帝はそんなバレンタインを許すはずもなく、処刑としたのです。

諸説あるようですが、このバレンタインの処刑された日が、一般的にいわれているバレンタインデーの由来のようです。

日本のバレンタインデー

チョコレートを贈る記念日としての日本の独自のバレンタインデーはどのように広まり今日のように定着したのでしょうか。

日本で最初にバレンタインデーの広告を出したのはモロゾフで、戦前の1936年のことだったそうです。
欧米のバレンタインの習慣を紹介し「恋人に贈り物をする日」 として宣伝しました。けれど記念日としてはまだ浸透しませんでした。

日本のバレンタインデー再出発は戦後、1958年のことでした。
新宿 伊勢丹で「バレンタインには女性から男性へチョコレートを贈りましょう」というキャンペーンをメリーチョコレートが実施。このデパートでのキャンペーンこそが、日本独特のバレンタインの起源となりました。

「女性から」とした理由は、当時の日本では、“アメリカのウーマン・リブ運動”の影響を受け「女性ももっと意見を。恋愛においても女性がイニシアチブをとりましょう」という時代のムードがあったことや、デパートで買い物をする多くが女性客だったことによるようです。

日本独自のバレンタインは1960年代に人気となり、日本チョコレート・ココア協会が「チョコレートの日」と制定しました。デパートなどの流通業界も加わり大々的にチョコレート商戦を繰り広げ、1970年代後半から定着し始めました。

その後も日本におけるチョコレート文化は、1990年代には海外ブランドが上陸しはじめ、2000年ころにはチョコレート専門店が誕生するなど進化しながら今日に至っています。

大手製菓メーカーのものから海外ブランドもの、また国内の専門店のと、世界でも稀な多種多彩なチョコレートが揃っている日本。
日本人のチョコレート消費量は1986年から2016年の間で約10万tもアップと、食べる機会が確実に増えています。
しかしながら、伝統的にチョコレートを食べるヨーロッパのなかでも、世界第1位のドイツは日本の6倍ほど消費します。
健康志向のチョコレート効果もうたわれる昨今、これから日本のチョコレートがどのように成長するか楽しみですね。

そんなチョコレートが日本で一番注目を浴びるのが「バレンタインデー」。
お気に入りのチョコレートを見つけて、とっておきの1日を過ごしましょう。

 

Return Top