Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

5歳の娘と「ちんすこう」作り。3つの材料をこねる→まとめる→焼くだけ。

はじめまして。5歳の女児がいるリーモです。

最近のうちの娘の口癖は「ママ、唐揚げはどうやって作るの?」、
「ママ、とんかつは電子レンジで作るの?」、
「ママ、ハンバーグには何を入れているの?」で、料理に興味津津です。

とはいえ、いきなりおかずを作るのはハードルが高いので、先日保育園で作った「ちんすこう」をおさらいしてみました!
ところで保育園で「ちんすこう」を作ると聞いた時、「なぜおやつの定番クッキーではなく、ちんすこう?」(手作りのイメージがなかったもので・・・)と思ったものですが、作っているうちに謎が解けました。

材料がとにかくシンプル。
そして作り方もほんと~うに簡単。

3つの材料使うものは油とお砂糖、小麦粉だけ。
油はなんでもよいとのことだったので、菜種油を使ってみました。
ボウルに材料投入いざ、材料をボウルに投入!
ちなみに小麦粉はふるわず、そのまま使えるのも嬉しいところです♪

木べらで混ぜ混ぜ混ぜま~す。こねこね。なんとこの後冷蔵庫で生地を寝かせる工程も不要です!
クッキー作りでは「ママ、まだ~? 早くやりたーい」なんて言われていたので、これまたちんすこうの魅力ですね♪

そしていよいよ、ちんすこう作りのハイライト「形を丸める」!
洗い物を少なくするために、うちではオーブンシートの上で生地を成形しました。

ちんすこうってクッキー型不要だから洗い物少ないしラクだわ~なんて不謹慎(?)なことを考えていたら、娘が「めん棒を使いたい!」とのこと。
「えっ、めん棒! 娘よ、ちんすこうの良さは手軽さなんだよ(=使用する器具も少ない→洗い物が少ない→母はラク♪)」という私の勝手な(?)心の声はぐっと飲み込み、めん棒を差し出しました。

生地を麺棒で延ばす様子ちんすこうの生地はクッキーに比べ、ねっとりしているのでめん棒に生地がつきやすいです。
やはり手でまとめるのが一番かと・・・。

クッキングペーパーに並んだ生地ジャーン、生地を整えました!
結局、娘の「ハート型にしたい! クマさんを作りたい!」という要望にも応え、クッキー型も使いました(涙)。
とはいえ、ちんすこうの生地は柔らかいので、型抜きしても崩れやすいんですよね・・・。気を取り直してオーブンへ。

無事焼き上がりました!
サクサクッとして、甘く、手が止まらない。

焼きあがったちんすこう材料は家にある3つのものだけ、粉をふるう必要なし、生地を寝かせる必要もなし♪
簡単でおいしい「ちんすこう」、ぜひ皆さまもお試しください!

ABOUT THE AUTHOR

リーモ
来年小学生になる娘がいるママ会社員。
食育、時短料理(保温調理器などを使った)に興味があります。
Return Top