Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

使ってわかった! 人気の時短食材キット
生活のペースに合わせてお試しを。

今、人気急上昇中の時短食材キット。短時間できちんとしたご飯を作れると、働く女性を中心に注目度が高まっています。
ちょっとお洒落なメニューもある「Oisix」の『Kit Oisix』、「生協のパルシステム」の『3日分の時短ごはんセット』、「セブン-イレブン」や「ローソン」のお届けサービスで購入できる食材セット。他にも「らでぃっしゅぼーや」や各生活協同組合。また、これらが注目される以前から、夕食宅配サービスを提供してきた「ヨシケイ」もありますね。
こうしたサービスは、これからどんどん広がりそうな気配を見せています。

おすすめ記事はこちら▼
【調査レポートvol.1】
料理キットに求めるものは、おいしさよりも・・・・・・
(10~60代の女性およそ2,200人を対象に行った料理キット利用者の意識調査)
https://cim-food.yuidea.co.jp/column/trend/keyword/cook-kit

買いだめして、あるもので作ってきたけれど
計画が崩れ出すと冷蔵庫が飽和状態に

これまで我が家では、パルシステムを利用してきました。仕事で帰宅が夜遅くなり、スーパーに行っても欲しい食材が何もない…などということがしょっちゅうだったためです。私は自転車を持っていませんから、重たいのも嫌でした。
しかし、生協はシステム上、1週間以上先の注文をするので、食材がダブついて、気が付いたら冷凍庫や野菜室がパンパンになることがよくあります。私の計画性のなさがいけないのでしょうが、でも日々、予期せぬことって起こるじゃないですか?
主婦と買い物袋

パルシステムで始まった時短セットは
配達日のタイミング次第…?

パルシステムでは以前から、野菜カット済の食材キットを売り出していました。おお、これはいい…!帰りがおそくなる日に使いたい…!と思ったものの、それが使えるのは配達当日のみ(ものによっては翌日までOKですが)。となると、配達日は地域によって決まっていますから、特に忙しくない曜日にあたっている場合は、あまり意味がありません。だったら、あるもので適当に作っても変わらないかと、手を出してはいませんでした。

しかし、各社での時短料理セットの提供が進む中、パルシステムが動きました。2017年6月より、「3日分の時短ごはんセット」なるものの販売を始めたのです(ネット限定)。これは、いわゆる他のキットとは異なり(うち1日は野菜カット済のキットを使いますが)、パルシステムで通常売られている商品を使って、3日分の主菜、副菜、汁物までを20分の調理時間で作れるよう考えられたものです。このセット専用に量が調整されたものではありません。

…ということは、ある程度自由がきくということではないの?
でも今までだってやれたからなあ…と悩みつつ。うーん、まあでも、試すだけ試してみるか…。
ということで、お試し程度に導入に踏み切りました。

生活パターンにあてはめて
Kit Oisixも併用してみた

ところで数年前から我が家では、休日の食事はダンナさんが担当しています。しかしながら彼は今ある食材で何かを生み出すことができません(というよりしない)。結局メニューを考えるのは私。正直、メニューを考えたくない!そしていちいち指示をしたくない!と思っていた折に、Kit Oisixの存在を知りました。ちょっと変わったメニューも多いし、なんだかオシャレな香りもします。たまに変化球をつけるのもいいかな…と思い、試しにこちらも導入してみることにしたのです。

我が家の居住地区ではパルシステムの配達日は火曜日です。そして、平日は仕事ですから、宅配便で来るOisixは実質受取不可能です。ということで、

火~木曜→「パルシステム」の『3日分の時短ごはんセット』
土日(または月まで)→「Oisix」の『Kit Oisix』

という組み方ができました。もちろん毎回こうするわけではありませんが、一つの選択肢として、生活パターンにうまくあてはめることができたのです。

さて、時短料理ライフ、どんなものなのでしょう…!
料理している女性

食材キットのメリットは
時短だけではありません!

Return Top