Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

ワイン愛好家にとっての天国、
神泉ワインアパートメントを探る

ワイン好きの悩みを解消してくれる
ありがたい物件、あります。

ワイン好きなら誰しも、自宅でワインを楽しむ機会も多いのではないかと思います。簡単なおつまみを用意して、時間を気にすることなくワインを楽しむ時間は格別なのではないでしょうか。

中には、自宅でワイン会をする人もいるのではないかと思います。ワイン好きの友人を招いて、となると、いろいろ気がかりなこともあるのでは? 人数分のグラスと料理がバーンとケータリングできたら便利だし、年代物のワインを抜栓してくれるソムリエさんなんかいたらなおよし、用意するのは掃除の行き届いた部屋とワインだけ……なんて考えてしまう人もいるかもしれません。

実はそんな夢がかなってしまう場所があるんです。それは、神泉ワインアパートメントというマンション。その名の通り、ワイン好きのためのマンションです。今回は、このマンションを企画開発したウェイヴズ株式会社のチーフプランナーであり、ソムリエでもある垣田智則さんと、実際に住んでいる方にお話を伺うことができました。

マンション入り口
とても洒落たサインが印象的なマンションの入り口。

扉を開けると待っているのは
寝ても覚めてもワインの生活

東急東横線の神泉駅から徒歩3分ほど、駅から住宅街を抜けるように歩いて大通りに出たところに、神泉ワインアパートメントはあります。入り口の扉を開いて目に飛び込んでくるのは、エントランスにあるこのグラスの棚。

ワイングラスの棚
ずらりと並んだ高級ブランドのグラスの数々。
地震が来たら阿鼻叫喚などと思ってしまう貧乏性の自分。

まばゆいばかりにライトアップされたワイングラスの棚に並んでいるのは、高級ブランドのワイングラス。おなじみのリーデルはもちろん、バカラやロブマイヤーなどの泣く子も黙るラインナップのグラスが並んでいます。これ、住んでいると貸し出ししていただけるんです。リーデルは自分で持っていても、さすがに全てのブランドとなると……という方が多いかと思うので、いろんなグラスを試してみたい人にはうれしいサービスです。もちろんデキャンターも貸してくれるそうです。

白ワイン スパークリング
暑い時期には白ワインやスパークリングも用意されているらしく、
これはうっかり買ってしまうパターンと思う飲ん兵衛の自分。

エントランスの突き当りには、なんとテイスティングスペースが。週に2日ソムリエさんがいらして、そのときは住民の方向けにワインのテイスティングを行っているのだそうです。ワインの販売も行っているそうで、その時期におすすめのワインを何種類かおすすめいただけるようです。ここでワインを買って部屋で楽しむ、なんていうこともできそうです。

地下ワインカーブを案内してくださった、ソムリエの垣田さん。
噂通りのイケメンぶりに緊張する自分。

地下へ降りて、カードキーで重い扉を開けると、そこにはひんやりと仄暗い空間が。もちろんワインカーブです。このマンションに住んでいる方はこのワインカーブが1区画から借りられるのだそう(別料金)。特殊な冷却ユニットを使って、温度はもちろん、湿度も一定に保たれています。音もとても静かで、動いていることがわからないほど。ワインの状態が落ち着くまで、澱を沈ませるのに立てて保管し、自宅に持っていってデキャンターへ、なんていう家庭ではちょっとできないこともできてしまいます。

実際のお部屋。キッチンもしっかりしていて、料理好きの人には嬉しいかも
と思いつつ、都会の贅沢な暮らしを思うのでした。

気になるお部屋に住み心地は…

Return Top