Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

47都道府県の「発酵食品」大集合!
「Fermentation Tourism Nippon」

近年の健康ブームで、世界でもトレンドとなっている発酵食品。47都道府県の知られざるローカル発酵食品が大集結した「Fermentation Tourism Nippon」というイベントが東京・渋谷ヒカリエにて開催されています。
発酵にスポットを当てるというこのイベントへ訪問してきました!

Fermentation Tourism Nippon

醤油や味噌などの
“発酵食品”から日本を見る
Fermentation Tourism Nippon

今回訪れた「Fermentation Tourism Nippon」(ファーメンテーション・ツーリズム・ニッポン)は、キュレーター(情報を収集・整理し、発信する人のこと)で、発酵デザイナーの小倉ヒラク氏によるミュージアム。
日本全国47都道府県を実際に巡り、取材して出会ったローカル発酵食品を展示しています。発酵という技術を使った郷土料理の多様性や人々の精神性を通して、日本の個性を再発見できます。

和食の基本となる醤油や味噌などからわかるように、日本は発酵食品の宝庫。これは何か面白い出会い(情報)があるかも!?

日本全国から厳選された
発酵食品の数々

ヒカリエの8F展示場、「d47 MUSEUM」
ヒカリエの8F展示場、「d47 MUSEUM」

ヒカリエの8F展示場、「d47 MUSEUM」。
従来の発酵イメージを覆す、ピンクとブルーで統一された “らしくない”空間に、日本のモノづくりの迫力が伝わる垂れ幕がずらり。興味深い空間に仕上がっていました。

メインの展示品は、47都道府県それぞれの個性ある発酵食品が集められ、製造方法から生まれた背景、歴史などがセットでわかる仕組みになっています。

粘土細工のような
対馬の「せん団子」に見入る

対馬の伝統保存食「せん団子」
対馬の伝統保存食「せん団子」
対馬の伝統保存食「せん団子」

ふと、足を止め見入ってしまったのが長崎県対馬の「せん団子」。会場内でも一風変わった、このよくわからないものはなんなんだ、と素直な感想。
紹介パネルを読み進めていくと、対馬の痩せた土地でも育てられる、さつまいものでんぷんから作った保存食でした。

対馬の飢餓を救った
さつまいもから作られた保存食
千の手間がかかるから“せん”

平地が少なく土地が痩せている対馬では、穀物の大規模な栽培が難しく、たびたび食糧難に悩まされていました。そんな対馬の飢餓を何度も救ったのがさつまいもだったのです。しかしさつまいもは傷みやすく保存が難しいという問題がありました。そこで対馬の人々は、発酵技術を使い、さつまいもからでんぷんを取り出す方法を考案。長期保存ができるようにしたものが“せん”なのです。

しかし、その工程が何か月もかかる、ものすごく手間のかかるもので、「千の手間がかかるから“せん”」と呼ばれているそうです。このせん団子一つ一つに、対馬の風土や歴史が詰まっているように思えます。

くさや
東京の発酵食品は、おなじみ“くさや”

そのほかにも、福岡の「明太子」や、沖縄の「豆腐よう」など有名なものや、宮崎の「むかでのり」など聞いたことのないネーミングのものまで多種多様な発酵文化の目白押し。

発酵を通してその土地の気候だったり、暮らしぶりだったりを垣間見ることができます。

発酵をより身近に感じられる、
体験型スポットも充実

コウジカビ
発酵には欠かせない「コウジカビ」も顕微鏡で覗けます

展示品の中には実際の発酵食品を“嗅ぐ”ことができたり、フォトスポットがあったりと、見て読むだけじゃない工夫がされています。

コウジカビ見学用の顕微鏡は、理科の実験のようで懐かしく、大人も楽しめました。こうして体験しながら都道府県を回っていくと、ちょっとした旅をしている気分にもなれていいですね。

菌類も購入可能な物販コーナー
「発酵デパートメント」

そして展示のラストには、「発酵デパートメント」と称される物販コーナーにたどり着きます。

個性派発酵食品はもちろんのこと、セレクトされた食器類や書籍、なんと菌類そのものが販売されていたりと豊富なラインナップ。実際の展示品の数々も購入することが可能です。

食品以外の発酵アイテム
発酵消臭剤など、食品以外の発酵アイテムも充実

『Fermentation Tourism Nippon〜発酵から再発見する日本の旅〜』は7月8日(月)まで開催中。
皆さんも発酵目線から知る日本の文化に触れてみませんか?

【Fermentation Tourism Nippon〜発酵から再発見する日本の旅〜】
2019年4月26日(金)〜7月8日(月) ※会期中無休
入場無料
会場:d47 MUSEUM(www.d47museum.com
時間:11:00〜20:00(最終入場19:30)
主催:D&DEPARTMENT PROJECT
URL:http://www.hikarie8.com/d47museum/2018/11/fermentation-tourism-nippon.shtml

ABOUT THE AUTHOR

めぐり
Return Top