Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

土用の丑の日

夏と言えばうなぎ!

全国共通で、夏といえば『土用の丑の日』というイメージが強いと思いますが、
『土用丑の日』とはそもそも何なのか・・・
なぜ『土用丑の日』にうなぎを食べる習慣ができたのでしょうか。

その由来については諸説あるりますが、「平賀源内による発案」が一番有名のようです。

本来うなぎの旬は冬のため、夏にはウナギがあまり売れなかったそうです。
そこで、丑の日にちなんで、「“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習を“うなぎ”にもという発想から、
「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」 という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛。
これを他のお店も真似し、 次第に「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされています。

売れないうなぎの販促のため、
旬ではない“夏”という時期にウナギを食べる風習を根付かせたという、
うなぎ屋の戦略が発端だったようです。

『土用丑の日』は
あたまに「う」のつく食べ物を!

そんな『土用丑の日』は、今年の夏は2回あり、7月25日(火)、8月6日(日)です。

「う」のつく食べ物、夏が旬のウリ(スイカ・キュウリ・カボチャ・トウガンなど)、つるつると食べやすいうどん、食欲を増進する梅干し、うなぎなどを食べて今年も夏を元気にのりきりましょう。
ひやしうどん

Return Top