Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

9月の行事食

9月に入りぐっと涼しくなった東京ですが、また残暑がもどってきたり・・・と、ゆっくり秋に向かっているようです。
9月といえば “お彼岸=おはぎ” というイメージが定着していますが、秋らしい食材を楽しむ行事食をご紹介します。
おはぎ

9月9日は
「重陽の節句」

五節句のなかでも一番大きな陽数(9)が重なるこの日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」とし、不老長寿や繁栄を願う行事です。
今では影が薄いようですが、昔は五節句を締めくくる行事として最も盛んだったそう。菊を用いて不老長寿を願うことから別名「菊の節句」ともいわれています。

菊を漬け込んで作られた「菊酒」や「栗ごはん」を食べる習わしが江戸時代からあります。
「菊酒」はお酒に菊の花びらを浮かべてみるだけでも良いので、ぜひともお試しください。

日本の秋の風物詩
「十五夜」

「中秋の名月」や「芋の名月」といった呼び方で今でも親しみのある行事。「十五夜」とは旧暦の8月15日(現在の新暦9月15日)前後に訪れる満月の日を指します。毎年9月中旬~10月上旬の間にこの日がやってきます。

この日に月見団子をお供えするのは、これからの収穫を祈るという事で収穫物である米の団子を用意したのが由来だそうです。
縁側やベランダ、窓辺など美しい月を眺められる場所に月見台を置き、三方(さんぽう)に月見団子や里芋、果物などのお供え物を飾り、家族みんなで月を楽しむのが古来から続く十五夜の過ごし方。栗ごはんや豆・里芋を食すことが多いようです。
「十五夜」には、地域によって特色ある行事食があるようです。
お月見団子

  • 愛媛:いもたき
    初秋に月を見ながら、河川敷で大鍋を囲み懇親する行事食。里芋と厚揚げ、鶏肉、その他の具は地域によって様々。
    宇摩地方や大洲地方のいもたきが有名です。
    里芋とお汁
  • 福岡:柿の葉ずし
    秋のおくんちでごちそうとして出されるのが、柿の葉ずし。にんじん、しいたけ、ごぼう、鶏などを甘辛く煮付けた物をすし飯に混ぜ、小さく握り、酢じめした魚やデンプをのせて柿の葉でくるみ、木箱の中に詰めて重しをかける作るそうです。
    柿の葉寿司
  • 福井県:木葉(こっぱ)ずし  
    永平寺町の中央を東西に流れる九頭龍川流域に昔から伝えられている伝統料理で、あぶら桐の葉に包まれた鱒の押し寿司。
    秋祭りには欠かせない手料理の一つとして、今なお各家庭に伝えられているようです。
    こっぱ寿司

2017年の「十五夜」は10月4日です。
今年は、お住まいの地域や各ご家庭の味で、この日を愉しんでみてはいかがでしょうか。

Return Top