Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

朝食はもちろん
ブランチやおやつにも!
「TOAST LUCK」の韓国トースト

神宮前のお洒落なシェアオフィスの1階にある「TOAST LUCK(トーストラック)」は、韓国トーストの専門店。ソウルと釜山で28店舗を展開しているチェーン店で、取材におじゃましたのは20183月にオープンしたばかりの日本初上陸1号店です。

食パンも具材も鉄板で焼くのが
韓国トースト流

TOAST LUCK日本でトーストといえば、オーブントースターで焼いてバターやジャムを塗って食べるもの。でも、韓国トーストはまったくの別ものです。特徴は、なんといっても鉄板で焼くこと。本場韓国では、屋台を中心に販売されていて、地元の人だけでなく観光客にも人気のメニューです。

オリジナルトーストTOAST LUCKでは、ベーコン+目玉焼き+キャベツの「オリジナルトースト」を筆頭とした食事系メニュー11種類に加えて、「フレンチトースト&バニラアイスクリーム」など2種のデザート系メニューが揃っています。

マネージャーの文 度雁(ムン・ドアン)さん。「半分以上は韓国と同じメニューですが、日本に出店するにあたって、エビアボカドトーストなど、新たにメニューを開発しました」と話すのは、マネージャーの文 度雁(ムン・ドアン)さん。
本場の作り方や味を大切にしているTOAST LUCKですが、日本独自のメニューも楽しめるというわけです。
ブランチセット
どれにしようか迷った末にオーダーしたのは、10時の開店から13時まで食べられる「ブランチセット(648円・税抜)」。定番メニューのベーコン&チェダーチーズトーストに目玉焼きのトッピング、コーヒーが付いたお得なセットです。
作り方
文さんに作り方を見せてもらいました。熱した鉄板にマーガリンを塗ったら、スライスした食パンや具材を手際よく焼いていきます。
「韓国トーストの味の特徴は、ソースにあるんですよ」と、文さんが食パンにかけたのは特製のフルーツソースです。さて、どんなお味なのでしょうか?

2人でシェアすれば
味わいも楽しみも2倍

テラス席焼き立てをオープンエアのテラス席でさっそくいただきます。見た目はホットサンドのようで、鉄板ならではの香ばしい焼き加減が食欲をそそります。
ベーコン&チェダーチーズトーストに目玉焼きのトッピング頬張ってみると、ベーコンの塩気とフルーツソースのほのかな甘さが相性抜群! 朝食にもぴったりの味わいです。
チーズコーントーストもっとボリュームのあるトーストが食べたいという方におすすめなのが、「チーズコーントースト」。営業中は時間を問わずオーダーできて、チーズがとろりと流れる見た目は、SNS映えも必至です。

トーストは、どのメニューも半分にカットされているので、「お客さま二人で違うトーストをオーダーして、半分ずつ食べる方が多いんですよ」(文さん)。
デトックスソーダ一方、ドリンクのなかで人気なのが、いまの季節にぴったりのデトックスソーダ。
「フルーツのフレーバーをしっかり感じられるように、つくってから3分ほど置いてからお客さまにお出ししています」(文さん)というこだわりよう。見た目が爽やかですし、ヘルシーなので健康志向が高い方にもおすすめです。
TOAST LUCKその味とスタイリッシュな見た目から人気に火が付きそうなTOAST LUCK。「これからさらに新しいメニューが登場する予定です」(文さん)とのことで、韓国ならではのトーストからますます目が離せません。

TOAST LUCK(トーストラック)」

住所:渋谷区神宮前3-27-15
電話番号:03-6812-9499
営業時間:10:0020:00
https://www.toast-luck.com/

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

酒井牧子
新潟県生まれ。ライター、編集者。求人広告の制作会社、編集プロダクションなどを経て2003年よりフリー。
会員誌、会社案内、学校案内、通販カタログ、企業Webサイトなどの制作に携わる。
趣味は散歩。大通りから商店街、路地裏まで歩き、小さな発見を心の栄養にしています。
Return Top