Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

スープまで飲み干したくなる!
「T’sたんたん」の朝から担々麺

東京駅のJR京葉線に向かう通路上にあるショップゾーン「京葉ストリート」。こちらにお店を構える「T’sたんたん」で、朝から担々麺が食べられると聞き取材してきました。

ビーガンの方はもちろん
ヘルシー志向の方も来店

T’sたんたんT’sたんたんは、肉・魚介類・卵・乳製品といった動物性食材を使わずに仕上げたメニューが揃うお店です。蜂蜜も使用していないことから、一切の動物性食品を口にしないビーガンの皆さんからも親しまれています。

T’sたんたんお店の間口は決して広くありませんが、中へ入ると、明るく清潔感のある空間が広がっていました。カウンター席もあり、女性一人でも入りやすい雰囲気です。

店長の門脇大二郎さん「京葉線へ続く通路ということで、いつも京葉ストリートはたくさんの人が行き交っています。朝の時間帯は、外国人を含めた観光へお出かけの方、出張の行き帰りの合間にひと息つかれる方などにご利用いただいています」と店長の門脇大二朗さん。
高まる健康志向の影響からか、ビーガンではないもののヘルシーなメニューが食べたいというお客さまも多いそうです。

朝7~10時のモーニングメニューは次のとおりです。

  • モーニングメニュー
  • 朝たんたん(720円・税込)
  • 醤油ラーメン(680円・税込)
  • たんたんスープかけごはん(520円・税込)
  • 野菜だしうどん・野菜のかき揚げ(680円・税込)

温かな麺類などが食べたい朝にぴったりのラインナップです。
「どれもスープを使ったメニューですが、椎茸や玉ねぎといった野菜などで出汁をとり、担々麺のお肉などは大豆ミートを活用しています」(門脇さん)。

動物性の食材不使用とは思えない
奥行きのある味わい

朝たんたんさっそくオーダーしたのは、「朝たんたん」です。小松菜と大豆ミートがトッピングされていて、上品な印象の担々麺です。
朝たんたんまずスープを飲んでみると、動物性の食材不使用とは思えないほどコクを感じます。小麦粉の麺は、細めのストレートタイプ。甘辛に味付けされた大豆ミートと絡めて食べると、その美味しさにどんどん箸がすすみます。

「小瓶に入っているのは、自家製の『たんたんスパイス』です。ぜひ、お試しください」と門脇さん。
たんたんスパイスは、2種の唐辛子をベースに2種の胡麻を加えて炒めたもの。「朝たんたん」の辛みはマイルドなので、このスパイスで辛さが調節できます。

肉・魚介類・卵・乳製品を使っていないということで、食べる前は「もしかしたら物足りなく感じるかも?」とイメージしていましたが、味わいもボリュームも大満足の一品でした。また、さっぱりとした味わいなので、朝でもぺろりと平らげられます。
T’sたんたん カップ麺味を気に入り自宅でも楽しみたいという方は、レジの横にある物販コーナーをチェックしてみてください。お店のメニューを再現したカップ麺のほか、大豆ミートやレトルトカレーも販売されています。なかにはカップ麺を箱買いするお客さまもいるとか(!)。

T’sたんたんは、駅の構内という立地もあり、営業時間が長いのも魅力です。ちなみにランチタイムには、モーニングとはまた違った担々麺のほか、ヘルシーな「ベジ餃子」や大豆ミートで作った唐揚げなども揃います。あなたも東京駅を利用した日には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

T’sたんたん 東京駅京葉ストリート店

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
アクセス:JR東京駅(改札内) エキュート京葉ストリート内(1階)
八重洲南口を入って左手、京葉線方面に進む
営業時間:7:00~23:00(LO22:30)
定休日:年中無休
※年末年始等は定休日・営業時間が異なる場合があります。
電話:03-3218-8040
https://www.nre.co.jp/shop/tabid/223/stoid/454/brnid/12/Default.aspx#dnn_TabTopPane

 

ABOUT THE AUTHOR

酒井牧子
新潟県生まれ。ライター、編集者。求人広告の制作会社、編集プロダクションなどを経て2003年よりフリー。
会員誌、会社案内、学校案内、通販カタログ、企業Webサイトなどの制作に携わる。
趣味は散歩。大通りから商店街、路地裏まで歩き、小さな発見を心の栄養にしています。
Return Top