Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

会社の飲み会が変わる!
デリバリー×コンビニワインで宴会を
(前編)

今年の納会、何を食べて何を飲む?

気がつけば今年も早いもので年の瀬が見えてくる時期。そろそろ忘年会の準備や、納会のことなど、あれこれ考えている担当の方もいるのではないかと思います。

会社で行う納会というと、おつまみは出前のお寿司やオードブル、乾き物にビールや缶チューハイ、というのが定番ではないでしょうか。納会の話になると「たいしておいしいものが出るわけでもないしねえ」なんて声もちらほら。幹事になる人にとっては、耳の痛い言葉でもありますね。

デリバリーを上手に使おう

そこで上手に使いたいのがデリバリー。さまざまなジャンルの料理が取り寄せられる「出前館」や、オシャレでおいしい料理を運んでくれる「Uber EATS」なども最近は話題です。

ファストフードやエスニック、中華にイタリアンと、料理の種類もバラエティに富んでいるのがうれしいところ。これを活用しないのはちょっともったいない。上手に使えばマンネリ化した納会が、魅力的な飲み会に変わるチャンスでもあります。

ビールや缶チューハイばかりがお酒じゃない!

お酒はお酒屋さんから冷えたビールや缶チューハイをまとめて取り寄せることが多いと思いますが、せっかくなのでワインを合わせてみるのはいかがでしょう。買い出しに行くのはコンビニ。何軒かのコンビニが会社の周りに大概あるはずだと思いますが、そのコンビニで買えるワインが手頃で案外いけるんです。

 

価格的な面でも実は心強いといえるコンビニのワイン。500円台から1000円前後の価格帯でコストパフォーマンスの良いものが揃います。飲食店でワインをサービスする時の量は、ワインボトル1本につき8杯。それを目安にすると、必要な本数がある程度割り出せます。幹事さんも意外と安心なお値段で収まるはずです。

 

さて、今回はデリバリーで頼める料理に合わせて、コンビニ大手3社のワインをチョイスしてみました。

インド料理に合うワイン

インド料理最近、出前館などもそうなのですが、デリバリーをしているインド料理屋さんが増えています。

カレーはもちろん、タンドリー料理やサモサなども配達してくれるところが多いです。スパイスの効いた料理にはビール、と思いがちですが、実はこんなワインがよく合います。

ヨセミテ・ロード スパークリング(ロゼ)
ヨセミテ・ロード スパークリング(ロゼ)
720ml 797円(税込)

セブン-イレブンで販売している、ヨセミテ・ロード スパークリングのロゼです(一部店舗では取り扱いがありません)。
ヨセミテ・ロードはセブン-イレブンのプライベートブランドのワインなのですが、1000円を切る低価格ながら、コストパフォーマンスが高いことで評判のシリーズです。

スパークリングのロゼはベリーのような甘い香りと、ほんのりと甘い爽やかな口当たりが特長のワイン。この、ほんのりした甘さがスパイス料理の辛みとよく合います。特によく合うのはタンドリーチキンやカレー。口の中にある辛みを和らげてくれる上に、スパイスの香りを引き立ててくれます。

ちなみにこちらのワインはオムニセブンで予約ができますが、セブン-イレブンの店頭受取のみの販売。宅配はしてくれないので注意が必要です。
とはいえスパークリングワインでほんのりした甘みのあるものは、疲れている時にホッとさせてくれるので、最初の1杯目には最適かもしれません。

生春巻きやサラダに合わせるのなら

生春巻きUber EATSなどに多いタイ料理店のデリバリー。最近はパクチーブームもあるので、タイ料理をチョイスすれば、喜ぶ人も多いのではないでしょうか。

生春巻きやサラダなど、パクチーが効いたお野菜の前菜におすすめしたいのは、こちらのワイン。

デスパーニュ 白
デスパーニュ 白
750ml 1,296円(税込)

ファミリーマートで販売しているフランスの銘醸地、ボルドーの白ワインです。ソーヴィニヨン・ブラン主体のすっきりとした飲み心地ながら、花や柑橘類、ハーブなどの香りが豊かで、繊細な味わいです。このワイン、「神の雫」で絶賛された、シャトー・モンペラの醸造チームが造っているワインなのだそう。サラダなどの他に、魚介のマリネなどとの相性も良いと思います。

こちらのワインは店舗のみの取り扱い。ウェブでの予約等はできないので、本数が必要なときは店舗での予約が必要です。

そして、最後の1本は赤ワイン。そろそろしっかり目の味わいのお酒がほしいところです。オススメのフードペアリングはこちらでどうぞ。

Return Top