Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

罪悪感からの解放!
話題のギルトフリースイーツ

意識高い系女子が注目する
ギルトフリーとは?

今年に入って一気に注目度を高めている「ギルトフリー」という言葉、ご存知でしょうか? ギルト(罪)×フリー(自由)の造語で、要するに罪悪感ゼロという意味です。「瘦せたいのに甘いもの食べちゃった……」多くの人が一度は感じた事のある、こんな後悔や罪悪感から解放してくれるスイーツ。それがギルトフリースイーツです。

日本でギルトフリーがブレイクしたのは、海外セレブやヨギーと呼ばれるヨガを行う人たちの間で流行していた「ブリスボール」というオーストラリアのお菓子がきっかけと言われています。Instagramで注目度を上げたブリスボールは、ドライフルーツやナッツを砕いて丸めたボール状のお菓子で、砂糖、グルテン、添加物を使用していません。

元祖ギルトフリースイーツのブリスボール
元祖ギルトフリースイーツのブリスボール

日本では2016年に初のブリスボール専門店FOOD JEWELRY(フードジュエリー)が登場し、さらなる注目を集めました。CEOの坪井玲奈(つぼい れいな)さんは、コンサルティング会社でヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」の運営に携わっていた頃、このブリスボールに出会い、メンテナンスフードとしての可能性を強く感じたのだそう。その後、独立してFOOD JEWELRYを立ち上げると、ブリスボールのレシピ本を出版するなど、ギルトフリースイーツの先駆者として活躍を続けています。

坪井さん
坪井さん

新作はケーキ。小麦粉も甘味料も使わない
ギルトフリーケーキのお味やいかに?

FOOD JEWELRYの秋の新作はギルトフリーのケーキ、その名もオージーケーキ。ブリスボールと同様に「砂糖なし」「グルテンフリー」「添加物なし」はもちろんのこと、はちみつやメープルシロップ等の甘味料や、チョコレートなども使わずに作ったケーキです。

小麦粉の代わりにおから、米粉、きび粉などを使用し、バターなどのオイルも不使用、牛乳の代わりに豆乳を使用しています。

もはや、ヘルシーという感想しか出てきませんが、やっぱりスイーツと言うからには味が大事。「○○を使ってないわりには、美味しいね」なら、多少身体に悪くてもしっかりおいしいケーキを食べたい。そんなひねくれ者の私が、実際にオージーケーキを食べてみました。
1個4×4cmぐらいのキューブ型のケーキ1個4×4cmぐらいのキューブ型のケーキは、オーストラリアの伝統菓子レミントンケーキから着想を得ているそう。だからネーミングもオージーケーキなんですね。
フレーバーはプレーン、ショコラ・ピーカンナッツ、いちじく、あずき抹茶、ブルーベリー、マカダミア・セサミなど。今回いただいたのはプレーンといちじくの2種。

まずはプレーンから。

[食感]
オイル不使用ということだったので、パサパサしてるんじゃないの~? と疑っていたのですが、とにかくしっとりとしてもちもち。さらには、穀物のプチプチとした食感もあって、ひと口ごとに異なる食感が楽しめます。

[味わい]
坪井さんからの説明を聞く前の私の取材メモにははっきりと「黒糖系の甘み」と書いてあり、後に「砂糖もはちみつも、メープルシロップも使っていません」と聞いた時はびっくりしました。それぐらい、しっかりとした甘さが感じられ、物足りなさは一切ありません。

プレーンでこの美味しさですからね、私の大好きなドライいちじくが加わったらもう……。
いちじくいちじくの程よい酸味がプラスされて味わいはさわやか、種のプチプチ感が加わって食感豊か。
おからを使用しているからか、2個でも充分な食べごたえを感じられました。もちろん、カロリーは抑えめ。う~ん、これはうれしい。

素材の個性を見極め、
ていねいに仕上げた美味をぜひ!

それにしても、小麦粉やオイルを使っていないのに、なんでこんなにしっとり、もっちりしているんでしょう?

「焼く温度と時間を何度も調整して、この食感にたどり着きました。一般的なケーキが小麦粉と卵、砂糖などシンプルな素材で作られているのに対し、オージーケーキはおから、米粉、きび粉、そしてドライフルーツやナッツをブレンドしていますから、それぞれの素材に適した火加減や時間を見付けだすのがとにかく大変でしたが、その分風味がよく、フルーツの味わいを、よりダイレクトに楽しんでいただける仕上がりになっていますよ」(坪井さん)
パッケージひねくれ者の私も、思わずうなったギルトフリーのオージーケーキは9月7日(木)~14日(木)の一週間、渋谷ヒカリエ(東京)のB2階フードステージで購入する事ができます。価格はプレーンが1個216円(税込)、その他のフレーバーも216円~280円ほど。9月下旬からはオンラインショップでの販売もスタートするそう。

自分へのご褒美はもちろん、女子会やギャザリングに持って行けば、盛り上がること間違いなし!

FOOD JEWELRY
“ココロとカラダの調整を整えるため”に食べる食事「メンテナンスフード」を通じて、ひとりひとりの人生を“カラフル”に。
http://food-jewelry.com/

ABOUT THE AUTHOR

ちょび
旅と猫と息子を愛する、見た目は子ども、身体は四十路。
「食」と「歴史」「土地」「人」を関連付けて考えるのが趣味。
Return Top