Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

PIZZARIA LA VALLE di TOKYO
“幻のトマト”を使った極上ピッツァ

東京・渋谷の宮益坂上に2019年5月、薪釜で焼き上げる本格的ピッツァが楽しめるピッツァリア「PIZZALIA LA VALLE di TOKYO」がオープン。カリッと香ばしいピッツァはもちろん、イタリアでも入手困難な幻のトマト“ピエンノロトマト”を味わえます。

PIZZALIA LA VALLE di TOKYO

ナポリの赤い宝石とも言われる
幻のトマト「ピエンノロトマト」とは

ピエンノロトマトは、イタリア、カンパーニャ州にあるヴェスヴィオ山近辺で昔から作られているトマト。
「ポモドリーノ・デル・ピエンノロ・デル・ヴェスヴィオ ディー・オー・ピー」と呼ばれるD.O.P.(イタリアの食文化である原産地名称保護制度)指定のトマトの品種です。 甘みと酸味のバランスがよく、厚くて丈夫な皮が特徴。夏にしか収穫できないけれども、水分が少なく保存がききます。房にたくさん実がついた状態で縄にひっかけて保存され、冬を越してもフレッシュな状態で食べられるのだそうです。

一般的にトマトソースとなる加工用のトマトは、ヘタが取れた状態で収穫できるものですが、このトマトはヘタがついたまま。 ピエンノロトマトは他のトマトよりも1ヘクタールあたりの収穫量が少なく、粒の状態を見ながら収穫するので、時間がかかります。そのため、生産者も減って、イタリアでも「幻のトマト」と言われるようになりました。

ピエンノロトマト
吊るしているうちに徐々に熟してきます。

ピエンノロトマトを食しに
オープン間もなくのお店へ

さて、そんなピエンノロトマトはいったいどんな味なの…! 美味しいピッツァには目がない筆者ですが、お気に入りのピッツァリア、感動するほど美味しいお店は2軒くらいしかありません(自分の中では、ですよ)。
先日もお気に入りのお店に行って満足したところに、今回、こちらのお店のオープン情報が。どれどれ…と早速行ってみました。

水色を基調とした
爽やかな店内のピッツァリア

渋谷の喧騒からほんの少しはずれた通りに「PIZZALIA」の文字がありました!ロゴマークもさわやか。南イタリアの海沿いをイメージさせます。

la valle gaikan
la valle tennai店内
店内も水色を基調としています。お洒落さとカジュアルさがちょうどいい塩梅の店内。
la valle pizza makigama 石窯
薪釜でピッツァを焼いている姿を見ると、テンションあがりますよね。

前菜からボリュームたっぷり!

前菜

まずは前菜の盛り合わせから。2人で取り分けますが、かなりボリュームたっぷりです。 パテもピクルスも美味!

今回注文はしませんでしたが、

プロシュートと果物を合わせた前菜
こんな、プロシュートと果物を合わせた前菜も気になって気になって…。 好きです、生ハムと果物の組み合わせ。

カリッと香ばしく、モチモチの生地に
幻のトマト「ピエンノロトマト」がたっぷり

さて、肝心のピッツァです。
早速、ピエンノロトマトをふんだんに使った『ピッツァイオーラ』(ピエンノロトマトソース、水牛のモッツァレラ、ピエンノロトマト、バジリコ、グラナダパダーノ)を注文。(グラナダパダーノは粉チーズ。パルミジャーノ・レッジャーノの親戚ではありますが、グラナダパダーノのほうが熟成期間が短く、やさしい味わいといわれます。)
こ…れ…は…! 

ピッツァイオーラ
ピッツァイオーラ。ふんだんに使ったピエンノロトマトが甘みと旨みを醸し出し、もっちもちかつ香ばしい生地との相性抜群!

ピエンノロトマトは、何が違うんだろうかと考えたのですが、トマトがそこにある!という感じの「存在感」でしょうか。

ピッツァは自分ではさみ形カッターを使ってカットして食べます。 (面白いです!ゴロゴロさせるピザカッターよりめちゃ切れます! でも物によっては面倒くさいかもしれないです…特にこの後の生ハム系…)
マルゲリータ
マルゲリータ。シンプルisベスト!
プロシュートとルッコラ
プロシュートとルッコラ。ほどよい塩気の生地との相性は抜群。

今回は胃が許してくれなかったので、パスタメニューはパスしましたが、再訪したときにはパスタメニューもチャレンジしてみたいと思います。

デザートもイタリアの
伝統的メニューにこだわり

前菜もピッツァも結構なボリュームでしたがデザートは別腹。 デザートは4種類。

  • ババ(ナポリの二大ドルチェと言われる焼き菓子)
  • デリッツァ・リモーネ(南イタリア・アマルフィ名物のレモン風味のケーキ)
  • トルタ・カプレーゼ(イタリアの伝統的なチョコレートとアーモンドのケーキ)
  • ジェラート(3種~)

この日食べたのは「トルタ・カプレーゼ」。
ガトー・ショコラを軽くした感じでした。
おなかいっぱいなのにショコラ系…と思いつつ、食べてみたら全然いけます。 美味しいものの力っておそろしいですね。

トルタ・カプレーゼ
トルタ・カプレーゼ 甘酸っぱいベリーソースとよくマッチしていました♪

ピッツァリアで使う食材は
南イタリア産にこだわり!

幻のトマト、ピエンノロトマトに限らず、生ハム、ワイン、ミネラルウォーター、コーヒー豆まで南イタリア産という、徹底したこだわりです。 ワインは1885年創業のイタリア・カンパニア州のワイナリー「ALOIS(アロイス)」のワインが楽しめます。なかでも古代品種のブドウ“パラグレッロ”を使った白ワイン「カイアティ」はイタリアのワイン格付け本でも最高賞を3年連続で受賞するほど。

ALOISのワイン
「ALOIS(アロイス)」のワイン

皆さんもぜひ、幻のトマト「ピエンノロトマト」を味わってみてくださいね。

【店舗概要】

PIZZARIA LA VALLE di TOKYO(ピッツァリア・ラ・ヴァッレ・ディ・トウキョウ)

住所:東京都渋谷区渋谷1-10-1 八千代ビル2F
電話:03-6452-6680
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:15)
座席数:50席

URL:https://www.giraud.co.jp/lavalle/

Return Top