Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

参鶏湯の日は夏に3回!
韓国版土用の丑の日「伏日」には
おいしい参鶏湯を

夏を乗りきるために、滋養のつくうなぎを食べる「土用の丑の日」。これと似たような習慣が韓国にもあります。「伏日」といわれ、夏の間に3回あるその日には、参鶏湯をいただきます。この夏は参鶏湯の名店、「韓国食堂 入ル坂上ル」で滋養をつけてはいかがでしょうか。

韓国版土用の丑の日
「伏日」とは

夏の暑い盛りに、滋養のある食べ物をとって暑気払いをする「土用の丑の日」。うなぎを食べて英気を養うのが習慣、というのは、みなさんにもおなじみのことかと思います。

暑気払いをするために栄養のつくものを食べる習慣があるのは日本だけではなく、お隣韓国でも同じ。「伏日(ポンナル)」と呼ばれる日がそれにあたります。

伏日は7月から8月にかけて全部で3日あり、それぞれ、初伏(チョボッ)、中伏(チュンボッ)、末伏(マルボッ)と呼ばれています。3日間の伏日をあわせて「三伏(サムボッ)」と呼びますが、この間が夏で最も暑い時期。この暑さを乗り切るために食べられるのが、滋養食でもある参鶏湯です。

参鶏湯
恵比寿にある入ル坂上ルの参鶏湯。人数分がひとつの鍋で提供される。

アツアツの参鶏湯は
実は夏の料理

日本人の感覚でいうと、冬の食べ物のイメージの強い参鶏湯。実は専門店以外では1年中食べることはできません。伏日に食べると良いとされることから、夏に提供されることの多い料理で、韓国では夏の食べ物のイメージ。ちょっと意外かもしれませんが、夏バテの疲労回復のために食べることが多く、食を通して体調を整えるという考え方のある韓国らしい料理のひとつといえるかもしれません。

ちなみに、風邪を引いたときなどにも食べそうなイメージがあるかと思いますが、それは逆。体が熱を持っているときに高麗人参をとると動悸を誘発するので良くないのだそうです。気をつけたいですね。

ナムルの盛り合わせ
ナムルの盛り合わせ。韓国かぼちゃなど、野菜をたくさん食べる韓国らしい取り合わせ。

韓国宮廷料理で名を馳せた
韓味一の流れをくむ店

さて、参鶏湯を東京で食べるのなら、どこがあるだろうと見渡したとき、意外と専門店はないことに気づきます。韓国料理店で出していることもありますが、参鶏湯をメインに据えている店は稀なのです。

恵比寿にある「韓国食堂 入ル坂上ル」は、そんな参鶏湯をメインにしたお店。1月に大阪から東京に進出してきたばかりのお店です。 大阪の本店「入ル」はビブグルマンに2年連続で掲載される韓国料理の名店。そのルーツは、韓国宮廷料理で名を馳せた「韓味一」であり、「入ル」はその姉妹店。商標登録にもなっている「韓味一の参鶏湯」が食べられる唯一の店でもあります。

ケジャン
ケジャン。珍しい生のワタリガニを使って仕込む、とろりと濃厚な味わい。

夏が旬の雄ガニの甘みを
辛いケジャンでいただく

メインの参鶏湯をいただく前に、キムチやナムルなどとともにぜひ味わってみたいのがケジャン。フレッシュのワタリガニをたれに漬け込んだ料理です。足を吸うようにして身を取り出せば、とろりと濃厚な味わいのワタリガニの身に、唐辛子を使ったタレの辛みが絡み合い、食欲をそそる味わい。お店おすすめの、シャンパン風のマッコリも進みます。

ワタリガニの旬は冬と言われますが、それは雌ガニの話。雄ガニの旬は夏場で、しっかりと詰まった身に甘みがあり、その甘さは雌ガニの10倍とも言われるほど。ぜひ参鶏湯と合わせて味わいたい1品です。

参鶏湯は卓上で丸鶏を崩してくれたものをいただく。

上品でやさしい味の
参鶏湯で滋養をつける

メインの参鶏湯は卓上でコトコトと温めたあと、丸鶏を係の人がスプーンの柄2本で器用にほぐして骨をざっくりと抜いてくれます。スープはあらかじめほどよく味付けしてあるので、韓国で食べるように塩で味を整えなければならないということはありません。

ほろりとやわらかく煮込まれた丸鶏と、もち米と鶏肉のコラーゲンでついたとろみのあるスープは、まさに滋味そのもの。高麗人参やナツメも使われていますが、別に煮込んでいるので薬臭さはありません。とても上品でやさしい味わいなので、いろいろ食べたあとでもするりとお腹に収まります。

この参鶏湯が食べられるのは東京では「韓国食堂 入ル坂上ル」1軒のみ。ビブグルマンにも選ばれる、やさしく深い味わいを味わってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、今年の伏日は7/12(金)、7/22(月)、8/11(日)の3日間。伏日にしっかりと滋養をつけて、夏を乗り切りたいものですね。

韓国食堂 入ル 坂上ル
東京都渋谷区恵比寿南1-17-2 Rホール 3F
Tel:03-5734-1699
公式サイト:https://yamazakihajime.com/

Return Top