Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

東京のワイナリーに行こう
<第1回>清澄白河フジマル醸造所

個性豊かな4つの
都市型ワイナリーを巡る

ワイナリーと言うと、山梨や長野など、地方を思い浮かべる方が多いと思います。実際、日本国内のワイナリーのほとんどがそうした地域にあるのですが、実は東京にも4軒のワイナリーがあったりします。

東京のいったいどこに? ぶどう畑は? と真っ先にそこに考えが行くと思うのですが、そこは発達した物流でカバー。さまざまな産地のぶどうがワイナリーに運ばれ、ワインを醸造しています。

このように、自社で畑を持たず、購入したぶどうでワインを造るワイナリーのことを、本場フランスでは「ネゴシアン」と呼び、東京にあるワイナリーのほとんどが、この「ネゴシアン」と言われるスタイルでワイン造りをしています。

そんな難しいことはさておき、いわゆる「ネゴシアン」としてワインを醸造する、都内の都市型ワイナリーの先駆けと言えるのが、清澄白河にあるフジマル醸造所です。

フジマル醸造所を運営する会社は、ワインショップやレストランを経営する企業。最初に大阪・島之内にワイナリーを設立、次いで東京にも2軒目のワイナリーを構えました。

フジマル醸造所の看板
フジマル醸造所の看板。シンプルなのでなんの看板かわからないかもしれません。

場所は清澄白河の住宅街。今やランドマーク的存在でもあるブルーボトルコーヒーから歩いて3分ほどの場所にあります。住宅街の路地を入った、マンションが立ち並ぶ中に現れるシンプルで目立たない看板。ここがワイナリーと、わからない人は気づかないかもしれません。

案内看板
温かみのある手描きの案内看板の横には、しっかりとしたレストランだとわかるメニューが。

地図を見ながら看板を探して歩き、看板から目を下ろすと、ワイナリーの入口が。手描きの看板には2階にあるレストランの案内や、ワインを1階のワイナリーで購入できることが記してあります。

今回はフジマル醸造所のマネージャーを務める室谷統さんと、醸造家の木水晶子さんにインタビュー。都市型ワイナリーの今についてお話をおうかがいました。

白河フジマル醸造所のマネージャー
マネージャーの室谷統さん。遠藤利三郎商店などでキャリアを積み、清澄白河フジマル醸造所のマネージャーに。レストランのマネジメントはもちろん、ワイン造りにも携わる。

ワイナリーの立地と、
都市型ならではのメリット

室谷(以下 室)「ワイナリーを始めるにあたって、東京の中でも清澄白河を選んだ理由の大きな部分として、情報発信力という点があげられると思います。清澄庭園を擁する落ち着いた住宅街でありながら、町工場やクラフト系のショップが多く、手作りのお店も多い地域です。観光客も多く、レストランの利用やワインの購入に、遠方から来た方が立ち寄ってくれることが多いです。
都市型のワイナリーの魅力のひとつといえるのが、造りたてのフレッシュなワインを飲めることと、安く提供できることが上げられると思います。レストランでは生樽のワインを提供しているのですが、できたてのフレッシュ感を味わえるのはもちろん、生樽の場合は瓶が必要ないので、その分安く提供できるというメリットもあるんです。」

醸造家の木水晶子さん
醸造家の木水晶子さん。ニュージーランドやアメリカ・オレゴンのワイナリーでの修業後、フジマル醸造所へ。

自社畑を持たないことの
メリットとデメリット

Return Top