Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

餅カレーに蒟蒻ケーキ!?
全国の“発掘グルメ”総選挙。

全国の地方新聞記者が、
新しいご当地グルメを発掘。

全国と繋がり、盛り上げる―。お取り寄せサイト「こんなのあるんだ!47CLUB(よんななクラブ)」をご存知ですか?

各地の情報通である地方新聞記者が、オススメの商品を紹介するこのサイト。
なかでも食品系が充実していて、まだ見ぬ“発掘”グルメの宝庫でもあります。今回は、いま注目の6つのグルメをご紹介!

ベストオブイヤーの総選挙。
今年の大賞は「餅カレー」に決定!

47CLUBでは年に一度、ナンバーワンを決める全国大会を開催!過去の大賞は、「柿バター」(奈良県)に「ピンク醤油華貴婦人」(鳥取県)、「世界初!鼻パッドなしメガネ」(福井県)まで!変わり種グルメに雑貨とさまざまです。

今年で4回目となる「全国の地方新聞社が選んだ!『こんなのあるんだ!大賞2017』」は10月16日に開催。栄えある対象に輝いたのは…ジャジャーン!愛媛県の「餅カレー」です!

杵つき餅カレー
地元産米を使った玄米入り餅に、濃厚なカレーが絡む「杵つき餅カレー」。

“地産他消”で地元を盛り上げる!
ストーリーのあるグルメ。

大賞の「杵つき餅カレー」を開発したのは、愛媛県大洲市で愛される「ビストロサンマルシェ」。シェフの奥田さんは、「自分の料理で地産地消、そして他県でも食べてもらえる“地産他消”を目指したい!」と、市役所の集いで出会った地元米農家の沖田さんとタッグを組みました。

お店の看板メニューである3日間煮込んだカレーに、地元農家のお米を合わせた新メニューを開発。“やわらかいのにコシがある”にこだわった玄米入りのお餅は、とろける食感でまさに特製カレーとの最強コンビ!10分の湯煎でできるので、アウトドアにもおすすめとのこと。

これから肌寒くなる紅葉シーズン、登山食にもピッタリです!大賞が決まり、感極まった様子で賞を受ける奥田シェフからは、地元への熱い思いがひしひしと伝わってきました。

奥田シェフ
奥田シェフ(前列中央)と地元米農家の沖田さん(前列左)。
“発掘”した愛媛新聞社の記者(後列中央)と市役所からも応援隊が! 「杵つき餅カレー」(6食/3,980円)。

まだまだあります!
スイートな発掘グルメ。

この全国大会ではほかにも、地方予選を勝ち抜いた“発掘”グルメに出会えました。今年の傾向はズバリ“ビューティー系”スイーツ!それでは、試食してみたおすすめ順にご紹介します。

こんにゃくシフォン
一見ふつうのシフォンケーキ。食べて初めて、そのふわふわ感と弾力に感動します。
軽すぎてダイエッターは食べ過ぎ注意の「こんにゃくシフォン」(1,728円)は、奈良新聞社推薦。
100年続く老舗の五代目が初孫のために開発した、ベーキングパウダー不使用のシフォンケーキです。
河北新報社(宮城)推薦、話題の“透明なトマトジュース”
「デリシャストマト露しずく」&「丸しぼり」の紅白セット (8本セット/3,564円)。
同じトマトなのにのど越しや風味が全然違って、ワインのテイスティングみたい!
そして、会場でもひと際目を引くデリシャスファームのお二人(笑)
レッドピヤタとアサイーのチーズタルト
熱いプレゼンが印象的だった、神奈川新聞社推薦「レッドピヤタとアサイーのチーズタルト」(1台/3,600円)。
ピタヤはドラゴンフルーツの別称です。適度な果実感とさわやかな風味がチーズにピッタリで、
男性審査員にも人気がありました。
「ささだんご」「白雪きらら」2本セット
新潟日報社推薦は地元で100年以上親しまれる「ゆかり」をアレンジした米菓子。
5~6ミリの粒はカリカリ食感で、ヨーグルトのトッピングにおすすめ。
おしゃれなシリアル風に楽しめます。
商品名は、お米のおかしゆかり (「ささだんご」「白雪きらら」2本セット/1,500円)。
ハブ入りハブ酒
番外編、「ハブ入りハブ酒」(1本/12,960円)は琉球新報社推薦。
13種のハーブとハブで、体にやさしいリキュールだそう。意外とスイートな味わい…!?

気になったご当地グルメはありましたか?地方新聞社選りすぐりのラインナップは珍しいものが多く、気のきいた贈りものにも喜ばれそうです。

今年の大賞「杵つき餅カレー」をはじめ、ノミネート商品はこちらから購入できます!

「こんなのあるんだ!47CLUB」 公式サイト
http://www.47club.jp/

 

ABOUT THE AUTHOR

エミージョ
三度のメシと酒が好き。走ることで食べ過ぎ・飲み過ぎの帳尻をあわせようとする食いしん坊ランナーです。
Return Top