Chewin' Mag.

食を知り、世の中を知る 食メディア

パクチー

Tagged
会社の飲み会が変わる!<br>デリバリー×コンビニワインで宴会を(後編)

会社の飲み会が変わる!
デリバリー×コンビニワインで宴会を(後編)

サラダや生春巻き、スパイス料理に合わせるワインをご紹介した前編。 さわやかなワインと軽いおつまみ類で気分が良くなってくると、そろそろしっかりしたお酒とお料理が欲しくなりますよね。 後半は赤ワインにオススメの料理と、大手コンビニ3社の取り扱うワインの傾向について考察したいと思います。 メインはなんといっても肉でしょう! ...
乾杯

会社の飲み会が変わる!
デリバリー×コンビニワインで宴会を
(前編)

今年の納会、何を食べて何を飲む? 気がつけば今年も早いもので年の瀬が見えてくる時期。そろそろ忘年会の準備や、納会のことなど、あれこれ考えている担当の方もいるのではないかと思います。 会社で行う納会というと、おつまみは出前のお寿司やオードブル、乾き物にビールや缶チューハイ、というのが定番ではないでしょうか。納会の話になる...
行ってきました!<br>「東京パクチーPARTY」@新宿大久保公園

行ってきました!
「東京パクチーPARTY」@新宿大久保公園

歌舞伎町を抜けると そこは“葉っぱのパーティ” 会期は9/20(水)~24(日)の5日間だけれども、実は8/23(水)に開幕した「激辛グルメ祭り」からのシリーズ企画ということで、新宿大久保公園を丸々1カ月間のぶち抜いての大規模食フェス。 「激辛」に、間に「ガーリック」を挟んで、今回の「パクチー」。苦手…、食べられない…...
タイのタラート(市場)で売られているパクチー

日本だけのパクチーブーム、
その進化をなぞる③

日本発パクチーペースト タイ人主婦はどう捉える? 日本で開発されたパクチー商品を、パクチーの本場で育ったタイ人に食べてもらって、タイ風に逆アレンジしてもらう企画。 前回のムエタイファイターたちに続いて、今回はタイ人の女性にご協力いただきました。 ワサナ・ホムスワンさんは、日本でタイ語の通訳や翻訳のお仕事をする傍ら、タイ...
日本だけのパクチーブーム、<br>その進化をなぞる。②

日本だけのパクチーブーム、
その進化をなぞる。②

ムエタイファイター パクチーペーストに出会う 最初の協力者は、日本最大級の規模を誇るムエタイジム「ウィラサクレックフェアテックスジム」のみなさんです。 そして、タイ人だけだと若干不安だったので、日本人代表、会長の奥さまと、元料亭女将の経歴を持つマミさんにもご参加いただきました。   まぁまぁ、まずはひと口食べ...
トムヤムクン

日本だけのパクチーブーム、その進化をなぞる。①

まずはパクチー王国タイの パクチー文化を知る 英語では「coriander(コリアンダー)」、中国語では「香菜(シャンツァイ)」。そしてタイ語で「ผักชี(パクチー)」。と、まるこちゃんの記事をパクってみました、ちょびです。 日本で今、空前のブームを迎えているパクチー。今回は日本で開花したパクチーブームを、パクチー王...
パクチー入り生春巻き

日本だけのパクチーブーム、その謎に迫る。①

謎の「パクチーブーム」 英語では「corianderコリアンダー」、 中国語では 「香菜 シャンツァイ」(ちなみに「パクチー」はタイ語)等々……、 いくつもの呼び名を持ち、近年では専門店や多くの関連グッズも登場するという人気っぷり。 間違いなくここ数年の“注目度ナンバーワン香草”といえるのではないでしょうか。 しかし!...
パクチー料理

日本だけのパクチーブーム、その謎に迫る。②

そもそもパクチーの魅力って? 「日本だけのパクチーブーム、その謎に迫る。①」でもお伝えしたとおり、「パクチー」は本場では“薬味”なのです! にもかかわらず、日本では「パクチーフェス」といったパクチーが主役のイベントまでが開催。 パクチーの魅力に迫るべく、「パクチーフェス2017」に潜入した私は、来場者の方々にお話を聞く...
Return Top